お笑い芸人、そして脚本家・俳優でもあるバカリズムが原案・脚本を手がけ、主演もこなす深夜ドラマ『住住(すむすむ)』が放送開始前から話題を集めています。
バカリズムさんと言えば本業はお笑い?バラエティ番組で見せるフリップネタなどが人気があり、“お笑い四次元ポケット”の異名も持つバカリズムさん。そのバカリズムさん以前から暖めていた脚本ネタ『住住』が芸能人の私生活を普通に表現するかのような切り口で仕込んでいる。宮藤官九郎に次ぐポジションが用意されているようなバカリズムのドラマ『住住』を検証してみましょう。


スポンサードリンク




バカリズム ドラマ 住住に寄せられる期待感?

共演者には、作年は『SCOOP!』『何者』『蜜のあはれ』『ふきげんな過去』など多彩な作品に出演、若手実力№1女優の二階堂ふみさん、「オードリー」の若林正恭さん、そしてお笑い芸人・バカリズム。この3人が織りなす、リアルとフェイクが交錯する・・・という新たな「シットコムドラマ」「住住(すむすむ)」。特別感があった芸能人の私生活を芸能人だって一般人と同じ!?とばかりに異色の3人がリアルな日常を描いてくれるというから楽しみなドラマですね。
すむすむ1都内の某マンションの住人、「バカリズム」と「オードリー・若林」。男の二人は同じ階のマンションに住んでいて、バカリズムはちょくちょくとよく若林の部屋に遊びに行き、芸能人でありながらごく普通に派手に遊ぶこともなく地味な独身生活を送っている二人。そんなある日、このマンションに女優の二階堂ふみが住んでいることを二人は小耳に挟んでしまった。そしていつの間にか、二階堂ふみも彼らの仲間に加わり、同じマンションで暮らす、芸能人仲良し3人組が誕生し、『住住』のドラマが始まります。
『桜坂近辺物語』『黒い十人の女』『素敵な選TAXI』『世にも奇妙な物語』などの脚本家として俳優・監督さんたちから高い評価を受けているバカリズムさん。独自の世界観をもつバカリズムさんのコント。今度はリアルな芸能人の日常生活を『住住』ドラマで日本テレビで仕掛けている。


スポンサードリンク




夢のような芸能人3人が揃ったドラマのテーマは、
ずばり「芸能人の私生活」
“バカリズムさんがバカリズム役”“二階堂ふみさんが二階堂ふみ役”“オードリー若林さんがオードリー若林役を演じます。一般人と同じようにそれぞれが抱えているもの、起こしてしまった“芸能人っぽい”悩みや問題をドラマ仕立てで解決していくという、本当にありそうな摩訶不思議なバカリズムワールドのドラマとなっています。
また、女性視聴者を引き付けるかのような二階堂ふみさんの私服姿も見られるとか?もちろん素のファッションです。スタイリストも付けていませんとのこと。女性としては必見でしょうね。バカリズムさんが描くリアルとフェイクの狭間を何気ない日常生活でシャッフルしてくれるという。

バカリズム ドラマ 『住住』の3人のキャストからコメント

☆バカリズム 
ベースは特にドラマの中で事件性があるわけではありません。妙に作り過ぎて派手にならないように、コントやドラマでもない狭間のところをついていきたい。この企画の想定は2、3年前からあって、こういうワンシチュエーションでなら、本人役の方が面白いんじゃないかなと思っていました。視聴者の方には、リアルな感じで本当に住んでいるのかと思わせたい『住住』ドラマ。
すむすむ2☆二階堂ふみ 
最初にこのお仕事をお聞きしたとき「私でいいのかなーと」。以前から課題となっていたコメディ部分“笑い”は取れるのか心配でした。でも、意外とバカリズムさんの『住住』の脚本を読んでみてしっくりきています。私の要素を『住住』のドラマ脚本に取り入れてくださっているので有難く感謝しております。
☆若林正恭
本人役は、楽しくやりやすいです。普通に思いついたアドリブ言えるんで・・・。芝居の流れで色々と話が膨らんだりして、3人の相性がいいんじゃないでしょうかねー。自分でも『住住』のオンエアの状態がまったく想像できません。「新しいって」評判になりますよね。

バカリズム ドラマ 住住の脚本家として新旋風!! まとめ

バカリズムさんのドラマ『住住』が話題になっていて、何気なくどんな内容か?と気になり覗いてみました。新しいドラマの切り口でとても興味が沸いています。バカリズムさんっていつも物事を見る角度違ってません?


スポンサードリンク