聖徳太子とはどんな人物だったのでしょうか。「聖徳太子」を「厩戸王(うまやどのおう)」と変更した文科省。名前の呼び方に重点がおかれ実際に「聖徳太子とはどんな人物だったのか」はウエイトが置かれていないようですので「聖徳太子がどんな人物だったのか」調べてみました。


スポンサードリンク




聖徳太子ってどんな人物?

聖徳太子といえば、誰もがすぐに思い浮かべるのが「聖徳太子=お金」というイメージになってしまいます。

聖徳太子プロフィール

名前   聖徳太子(しょうとくたいし)
本名   厩戸皇子(うまやどのおうじ)または厩戸王(うまやどのおう)
     享年48歳(574年2月7日生~622年4月8日没)
     飛鳥時代の皇族、政治家

聖徳太子の偉業

遣隋使の派遣

聖徳太子のおかげで「中華と対等になった」ということです。
当時、隋(中国)は日本を格下にみていたのですね。でも聖徳太子は「これからは対等でいこう」と考えます。
そこで小野妹子を随に遣わしました。これが遣隋使(けんずいし)というやつです。

冠位十二階の制定

聖徳太子が定めた制度の一つとされています。
天皇に使える役人たちを12段位で格付けしたものです。これまでは「一族」に身分が与えられていたのが、「個人」に身分が与えられたのです。
聖徳太子が目指していた政治は、天皇が絶対権力を持って行う政治でした。
そのため政治を「地位を持つ血筋だけが行う血族主義」ではなく、「本当に能力のあるものが政治を行う能力主義」へと変えていこうしたのです。

十七条憲法の制定

「十七条憲法の制定」は前述の「冠位十二階の制定」と関わってきます。
12段位で格付けした役人たちの為のルール、道徳、思想のようなものです。「憲法」とありますが、法律というよりも教訓のような性質のものでした。
「十七条憲法の制定」も「冠位十二階の制定」も、隋(中国)の進んだ政治にならってのもので、天皇を中心とする国家づくりを目指していたからなのです。

他にもわずか20歳という若さで摂政の役についております。摂政というのは、天皇が子供だったり、女性だったりする場合に天皇の代わりに政治を摂り行う役職のことです。
20歳で摂政だからもの凄いですよね。その後に先ほどの「冠位十二階」「憲法十七条」「遣隋使を派遣する」などを行います。


スポンサードリンク




聖徳太子の人物エピソード

エピソードは本当にそうだったのか、後に作られたものなのか定かではありませんが、エピソードという題目に入れてみましょう。

一度に10人の話を聞くことができた

聖徳太子といえば「10人の話をいっぺんに理解できる」という話は子供のころに聞いた方もいる筈です。
「ある時、厩戸皇子が人々の請願を聞く機会があった。我先にと口を開いた請願者の数は10人にも上ったが、皇子は全ての人が発した言葉を漏らさず理解し、的確な答えを返したという。」
しかしながら、これはデマで聖徳太子を神格化するために作られた「作り話」ではないかとも言われています。

聖徳太子は馬小屋で生まれた?

生まれたのが「馬小屋の前」だそう。ちなみにイエス・キリストが生まれたのも「馬小屋」。聖徳太子といえば世に仏教を広めた人。
偶然かもしれませんが、馬小屋伝説は宗教には強いことがわかりました。

聖徳太子は若いころはイケイケだった?

実は若いころの聖徳太子は「武闘派」だったといわれています。
当時14歳だった太子は頭に仏像を乗っけて、自軍を鼓舞しながら戦争を勝利に導いたといわれています。
仏像は四天王像という仏様のことで、戦争が終わった後お礼として四天王を祀るお寺を建てています。それが現在大阪の天王寺区にある、四天王寺というお寺です。

聖徳太子の予言がヤバイ!

「平安京に都が出来る」だの、「黒船なるものが来襲」だの当時から色々予言していたとのことです。
そして実は、2030年には世界滅亡だのと騒がれているのもこの聖徳太子が関係しているのだとか???

聖徳太子の死亡説は諸説あり?

聖徳太子には、毒殺、暗殺、自殺などといろいろな説があります。
よく言われているのが自殺説です。これは622年に夫人である膳大郎女と一日ちがいで死亡したことから言われているものです。

聖徳太子はお札の肖像になった!

これまでに7種類のお札の肖像になっています。
100円、1000円、5000円、10000円のお札です。
それだけでも半端ではないということがお分かりいただけるでしょう。

聖徳太子とはどんな人物かヤバイ!! まとめ

聖徳太子は社会科の教科書に必ず出てくる人物でした。聖徳太子にによって日本の政治が始まったような記憶があります。当時の豪族と呼ばれる集団を束ねていった政治家とう印象があります。その為か、その生涯には謎めいた部分が多く、法隆寺などでもミステリーがいろいろと語られています。これからも、聖徳太子は日本人のロマンとして後世にも語り継がれるでしょう。


スポンサードリンク