小林カツ代の息子さんの事故は記憶に新しい。それも母親・小林カツ代さんがくも膜下出血で倒れて療養中と2つの災難に襲われたこと。今だから見ることができる事故現場の写真。そして小林カツ代の息子ケンタロウの現在の状態から復帰はどうなのか?いろいろ調べてみました。


スポンサードリンク




小林カツ代が世にでたきっかけ(端緒)?

料理番組がお茶の間でゴールデンを占めていた1994年。
当時人気料理番組『料理の鉄人』に挑戦者として出演し、中華の鉄人・陳建一に勝利したことから一躍注目を集める料理人となりました。
男性優位の料理人の世界で女性が料理を披露したことも話題性が拡がったといわれています。

このときは“じゃがいも”をテーマにした料理対決で、小林カツ代流のフライパンで煮た肉じゃがで見事に審査員の舌を唸らせたのでした。

その後は、いろいろな仕事が舞い込み取材やテレビ出演、講義や執筆、ボランティア活動などなど人生の転機となる時期でした。

小林カツ代が働きすぎで・・・

2005年8月に、くも膜下出血で倒れた小林カツ代さん。

倒れてからは結局、再び公の場に姿を現すことはなかった小林カツ代さん。

小林カツ代さんがくも膜下出血で倒れた当初は息子のケンタロウさんが自宅で面倒をみていたという。

最後は施設で療養生活を送りますが、2014年1月23日、多臓器不全でこの世を去ってしまいます(享年76)。

息子ケンタロウがバイク事故

ケンタロウのバイク事故の内容の詳細は意外と知らない方も多いのではと思われます。

息子ケンタロウが事故を起こしたのは2012年2月4日の深夜の出来事でした。

仕事を終えたケンタロウは、いつもの様にバイクで帰宅していた。

東京都新宿区の首都高外苑出口のカーブを曲がりきれずに、そのまま約6メートルしたのコンクリートに落下したのである。

この事故で頭部など複数箇所を骨折したケンタロウだったが、幸い命に別状はなく翌朝の手術も無事成功しました。

ですが、残念なことに高次脳機能障害と診断され、過酷なリハビリ生活を送ることになります。

高次脳機能障害で、息子ケンタロウは、記憶や感情表現に支障をきたすこととなり、さらに両手足の麻痺、会話もほとんどできないという重い障害が残ってしまった。

このとき、小林カツ代さんが亡くなる2年前のことでした。


スポンサードリンク




現在のケンタロウは?

事故後のケンタロウは両手足の麻痺のため寝たきり状態で、食事も鼻からチューブで取っていたが、食事を送り込む穴をあける“胃ろう”手術を受け、病院を退院。

現在は妻のマキさんが自宅で介護しているのですが、介護スタッフにも支えてもらいながらも少しだけ歩けるようになったとか。

また、それまでは脳の障害の影響で食事を口から食べることができなかったが、人の手を借りれば流動食を食べることができるようになったという。

完全復帰とまではいかないが、車椅子生活を送っていて嫁のマキさんと二人三脚でリハビリに励んでいるという。

母小林カツ代の一周忌のときには、車椅子に乗りながら談笑する姿もあり、順調に回復している様子がうかがえた。

現在は少しずつコミュニケーションも取れるようになり、支えがあれば歩くこともできろうようになったという。

まだまだテレビへの出演は叶わない状況ではあるが、彼の復活に関しては料理コーナーで共演していた国分太一を始め、視聴者の方からも望む声は多いとテレビ関係者の声もあります。

息子ケンタロウのプロフィール

名前    ケンタロウ
本名    小林 健太郎
出身    東京都
生年月日  1972年10月3日
星座    てんびん座
年齢    44歳(2017年5月現在)
学歴    武蔵野美術大学短期大学部生活デザイン学科(中退)

ケンタロウの経歴

東京都で生まれ育ったケンタロウは、学生時代からイラストレーターをしておりゲームのキャラクターデザインも担当したことがあるという。

大学を中退し、イラストレーターとして独立して・・・予定だったが、本人が思うほど世の中甘くない。仕事が入らずどうするか悩んでいた時期に母親・小林カツ代から手を差し伸べたのか?

イラストの仕事をあきらめ、母親のもとで料理の勉強をしたケンタロウは、母と同じ料理研究家への道へ進むのである。

その後雑誌への掲載やテレビ番組の出演が殺到し、一躍時の人になるのである。

出版したレシピ本や料理関係の本は70冊以上となり、料理研究家ケンタロウとして大きな注目を集めていたのだ。

小林カツ代 息子の事故現場がヤバイ!! まとめ

息子ケンタロウの人柄の良さは周りの関係者はもちろん、視聴者の方も多くの方が分かっており、なんとか復活させてあげたいと思っている方はたくさんいらっしゃるでしょう。

小林カツ代さんと息子ケンタロウの事故と二つが重なった家族(妻)心境は言葉にならなかったことでしょう。

それでも妻のマキさんは明日を信じてケンタロウを介護している。
病気ととなったケンタロウも辛いが、支えていく妻(マキさん)の精神力には頭が下がる。

障害に負けずに、いつかケンタロウをテレビで見れる日を楽しみにしていたい。頑張ってください小林カツ代の息子ケンタロウさん。


スポンサードリンク