「キッズウィークとは」という大型連休案が計画されている。安倍総理は24日、首相官邸で開かれた政府の教育再生実行会議の会合で、夏休みなどの長期休暇を地域ごとに分散させる「キッズウイーク」を導入する考えを表明しました。そこで街の人の意見など記事にしてみました。


スポンサードリンク




キッズウィークとは?

2017年5月24日。政府が「キッズウィーク」創設の方針を発表しました。
新たな大型連休として、2018年4月からのスタートを目指しています。

記事によると

・政府が「キッズウィーク」という新たな大型連休を創設し、来年4月からの実施を目指す方針を固めたことがわかった

・来年4月からの実施を目指す「キッズウィーク」では、全国の地域ごとに小・中・高校の夏休みなどの長期休暇の一部を他の平日に分散させる

・例えば本来は夏休みの8月のうち、最後の週の平日の5日分、休みを短縮。その休みを別の月に移動して、親などの大人も一緒に休暇を取れるよう、政府が企業などに強く求め、前後の土日と合わせて家族などでそろって最大9連休が取れるように・・・

まだ決定はしていませんが、企業側として社員の休暇に関わること。
動向を注視していきたい制度です。

こどもをだしに使うのは?

キッズウィークで祝日が増えるわけではない

キッズウィークの創設と聞いて、「祝日が増えるのか?」と思った人もいるでしょう。

祝日が増えるわけではありません。なんだか複雑な子供とのコラボで有給休暇を消化してくださいみたいな・・・。

確かに子供がいる親はキッズウィークということで有給を取得しやすくなるかもしれません。

普段はなかなか有給を取れないという人も多いですからね。
有給消化のいいきっかけになりそうです。

キッズウィークという祝日が増えるわけではありませんからご注意ください(笑い)。

最大9連休!新たな大型連休となるキッズウィーク

キッズウイークは、夏休みの最後の5日間を他の時期に移すことで、その前後の土曜、日曜と合わせて最大9連休とする仕組みです。

政府は企業に働きかけて、子どもと一緒に大人も休暇を取れるようにする予定だといいます。

厚生労働省が行った平成26年の就労条件統合調査によると、企業などの有休取得率は48.8%となっています。

政府は2020年までに70%に引き上げる目標を掲げており、キッズウィークによって取得促進につなげるのが目的としています。

サービス業やインフラ関係には厳しい?

キッズウィークは仕事によっても実施できない企業が出てくるのではないかと思います。

例えばサービス業なんかはキッズウィークに休むのは難しそうです。
サービス業は周りの人が休みのときのほうが忙しくなりますからね。

インフラ関係の仕事も休みをキッズウィークに休みは取りにくそうな気がします。

また、従業員が少ない中小企業も難しいかもしれませんね。

公務員はキッズウィークに休めるのかというと一概にはそうとも言えないでしょう。
市役所の職員とかになるとなかなか休めないのではと思います。

そして、時給の仕事をしている人にとってもキツいですね。
例えばアルバイトやパートタイマーや派遣の仕事などです。
キッズウィークに仕事を休んだとするとその分の給料が減ることになります。
消費が促されるどころか生活が苦しくなってしまうことも考えられます。


スポンサードリンク




地域活性化の起爆剤? 休暇分散化?

キッズウィークの設定時期は全国一律ではなく、たとえば、東京では10月第3週の月~金曜日、大阪では11月第1週の月~金曜日という風に、地域ごと独自に決めることができるという。

キッズウィークは、子どもたちにとっては夏休みを削った代休に過ぎませんが、大人にとって「キッズウィーク」は、まさに新たな大型連休の出現となります。

この大型連休を活用して有給休暇の取得を促すということですが、そこには観光需要を分散することで地域の活性化を図るという狙いもあります。

こうした中で一方では、「キッズウィーク」で休暇を分散させることで、
「クラブ活動等における全国大会・地方大会、運動会等学校行事の日程が組みにくくなる」
「ふるさとの家族や友人、単身赴任の親と家族との休みがあわなくなる」
「祝日の意義を失わせる恐れがある」
といった消極的な考えも聞かれます。

キッズウィークとは? まとめ

国民の休みを国がここまで強制するとは。どこのラインを基準に政府はきめているのでしょうか?社会主義の国ではありませんから。

自由という名の資本主義経済を片やうたいながら、一方では中国共産党を思わせる政府方針を打ち出す安倍晋三内閣。

自由経済の中で、遊ぶ人、仕事をする人、買う人、売る人、すべての経済は複雑に絡んで日本という国を作り上げています。

最近、なぜか、政府の考えとか、国会でも憲法改正とか国民の意思とは違った方針が国会で議論されていて、「いやいや、国民目線とは違いすぎます」と声をおおきくしたいのですが。

安倍政権が打ち出した、「三本の矢」はいつも間にか口先だけで終わってしまった。今回のキッズウィークにも政府の魂胆が裏にありそうで素直に耳を傾けられない。

子どもとの接し方まで国が指導する必要がどこにあるのか?


スポンサードリンク