岡田准一の身長が実際に欲しい「軍師官兵衛」での役どころでした。俳優として素晴らしい演技も身のこなしも抜群なものがあるのに、「身長が足りない!」と思うことが多々あります。そんな岡田准一さんのプロフィールや出演した映画ドラマで実際の身長を検証してみました。


スポンサードリンク




岡田准一が身長をサバ読みしているのでは?

眼光鋭いキリッとした男らしい顔立ちの岡田准一さん。
格闘技もこなす岡田准一さんの鍛えられた肉体がさらにかっこ良さを演出して人気を集めている。

その格闘技とは、趣味で行っているもので三つの格闘技になります。
「ジークンドー」「カリ」「修斗」の三つです。

格闘技や護身術を知らない方には聞きなれない言葉でわかりませんよね。詳しくは今後改めて記事にしたいと思います。

そんな岡田准一が身長をサバ読みしてるとの疑惑がネット上でまことしやかに囁かれています。そこで今回は、岡田准一の実際の身長を共演者たちの画像と比べてみようと思います。さらに岡田准一の体重についても調査してみることにします。

岡田准一のプロフィール

生年月日 1980年11月18日(現在36歳)
出身地  大阪府
身長   169センチ
血液型  B型
職業   歌手・俳優・タレント
活動期間 1995年〜

芸能活動を開始したのは1995年、日本テレビのバラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のコーナー「ジャニーズ予備校」でのオーディションに合格したのがはじまりでした。

同年9月に結成されたジャニーズのアイドルグループ・V6のメンバーとしての活動していくことになります。

また、V6メンバーの年下トリオ、岡田准一・森田剛・三宅健とともに「Coming Century」としても活躍しています。

岡田准一は身長をサバ読みしてる?

端正な顔立ちからくる印象がいい岡田准一ですが、如何せんちょっぴり残念だと言われているのが身長の無さが問題。

実際に公表されている岡田准一の身長が169センチと平均男性よりも低い。

それでも岡田准一ファンからすれば「身長なんて関係ない!」との思いは強い。
そんな岡田准一に対して、「身長をサバ読みしてる…?」との疑惑が浮上しているというから大変です。

岡田准一の身長が実際ヤバイ!? 画像で比べて?

まずはV6メンバーとの身長を比較してみましょう!右隣の三宅健の身長は164センチ、左隣の井ノ原快彦の身長は175センチです。

三宅健より身長がやや高く、前のめりになった井ノ原快彦よりも身長が低いのはわかりますね。
この画像での身長検証では、岡田准一の身長は169センチで妥当…?

岡田准一が主演を務めた映画・『追憶』で共演した小栗旬・柄本佑との身長を比較してみましょう。

岡田准一右隣の小栗旬の身長は184センチ、左隣の柄本佑の身長は182センチと二人とも180センチ越えの高身長です。

身長169センチの岡田准一とは10センチちょっと身長が違います。
こちらの画像ではどれくらい違うのかはっきりわかりません。

全体的に見ると柄本佑の左隣の木村文乃と岡田准一の身長はあまり変わらない気もします。
ちなみに木村文乃の身長は164センチと小柄です。


スポンサードリンク




ドラマや映画化で人気を集めた『木更津キャッツアイ』シリーズで主演を務めた岡田准一。

左隣の櫻井翔の身長は171センチ、右隣の岡田義徳の身長は172センチです。

立ち方の位置でちがうのでしょうか?岡田准一とほぼ変わらないはずの身長であるお二人ですが、櫻井翔との身長差は2センチよりちょっと大きい気がします。

映画・『図書館戦争』にて共演した榮倉奈々との身長差がわかる画像がこちらです。

榮倉奈々の身長は170センチと言われているので、岡田准一とはほぼ変わらないのですが、ここでも少し身長差がある気がしますね。ここら辺から身長サバ読みの噂が拡大したのでは?

最終的に岡田准一の身長はどれくらい?体重は?

数枚の画像で身長検証をしてみましたが、結局のところ岡田准一の身長はどれくらいなのか、ネットで調査したところ、岡田准一の身長は165〜167センチ程度でないかと言われているようです。

また、体重に関しては過去に公表された体重が53キロだったそうです。しかし、筋トレに力を入れている岡田准一ですので現在は年齢とともに体重がもっと増えているのではないかと思われます。

岡田准一の身長が実際ヤバイ!? まとめ

プロフィールには身長169センチと公表している岡田准一ですが、ネット上では165〜167センチ程度が妥当と推測されており、身長サバ読み疑惑は妥当ということでしょう。

岡田准一ファンにとっては、身長のことを言われても全く眼中にないといわんがごとく、岡田准一自身が好きなので身長なんて気にしていません。

今後も身長は気にせずにアイドルとして、俳優としてますます活躍していってほしいというのが本音でしょうね。


スポンサードリンク