中村獅童と嫁の足立沙織さんの姿が、6月15日、神奈川・八景島シーパラダイスあった。仲むつまじく手をつなぐひと組の夫婦の姿に梅雨といえども晴れ渡った天気は祝福を後押ししていた。そんな中村獅童さんと嫁足立沙織さんの二人の3年目に入ったお話などを記事にしてみました。


スポンサードリンク




苦難の連続が続いた中村獅童

中村獅童さんの環境は、苦難の連続が続いていた。
2008年10月には父・小川三喜雄さん(享年79)が胃がんのため死去。
2012年12月には恩人の中村勘三郎さん(享年57)が食道がんに倒れ亡くなった。
2013年12月には、母・陽子さん(享年73)が心不全のためこの世を去ったしまった。

相次ぐ不幸のため喪に服し、結婚は延び延びに

そんな不幸続きの中村獅童さんをそばで支え続けていたのが、嫁・沙織さんでした。

2010年に出会い、11年1月に婚約した2人。

直ぐにでも結婚の運びとなる予定が、相次ぐ不幸のため喪に服し、結婚は延び延びになっていました。

二人が晴れて夫婦になれたのは、交際5年を経た2015年1月のことでした。

初期の「肺腺がん」を公表した中村獅童さん

 
5月18日に初期の肺腺がんであることを発表した中村獅童。

治療に専念するため、出演予定だった6月の博多座や7月の歌舞伎座公演を休演する予定という獅童。

役者は舞台が命。この決断は相当な覚悟を秘めていました。

「今月末に入院して来月頭に手術。10日ぐらいに退院できるのではないかと思う。できるだけ早く復帰したい」と復帰への意気込みを告白していました。

自分でどうなるかもわからない状況で、ただ望みだけに縋りながら会見した中村獅童さん。
 
そして嫁・足立沙織さんへの感謝の言葉も忘れなかった。

「嫁は『早い時期に見つかってよかった。一緒に闘っていく』と。今回も(早期発見できたのは)妻の助言があったから。1人だったら、気づかないままだった」と。

梨園の嫁で足立沙織さんは評判がいい

梨園関係者の足立沙織さんへの評判はすこぶるいい評判ばかりだと。

「梨園でも沙織さんほど評判の良いお嫁さんはいません。昨年の獅童さんは地方公演続きでしたが、沙織さんはいつもついて行って挨拶まわりをしていました。また沙織さんは陽子さんの仏前にお水とご飯を供えることを日課としています。そこで『今日も問題なく舞台が務められますように』とお祈りし、夫の無事を願い続けてきたそうです」

NEWSの小山慶一郎が明かした内容とは

中村獅童さんが「肺腺がん」を発表したことに触れた、NEWSの小山慶一郎(33)が『news every』(日本テレビ系)で獅童のメールを紹介。

そのメールに記載されていた内容が中村獅童さんの病状が・・・。

「実は2年前に脳動脈瘤という病気の手術もしました」と返事が来たことを明かしていたのです。

2年前といえば、沙織さんと結婚したころ。

結婚直後から立て続けに病魔と闘っていたということになります。

嫁の足立沙織さんが向かった先とは?

懸命に夫・中村獅童さんの回復を願う沙織さん。
心の動揺は大きかった!

嫁の足立沙織さんが自分の動揺を中村獅童さんに悟られまいと“ある場所”へと向かった。

そこは中村獅童さんの母・陽子さんが眠る墓前だったという。

それは、獅童さんが脳動脈瘤の手術をする直前、嫁の足立沙織さんは陽子さんの墓前を訪れていました。

『獅童さんを守ってあげてください』と、一心不乱に手を合わせました。

嫁・足立沙織さんの祈りが通じたのか、獅童さんは無事復帰することに・・・。

そして今回の「肺腺がん」が発覚した直後にも、嫁・足立沙織さんは陽子さんのお墓参りへ。

『今回もお義母さんがきっと見守ってくれているはず!』と。

「結婚2年で2度の手術」に嫁の足立沙織さんの動揺は隠すことはできなかった。

中村獅童 結婚3年目で嫁・足立沙織さんが悲願の妊娠

中村獅童さんは6月6日に東京都内の病院を退院。

関係者の話で後で分かったことですが、嫁・足立沙織さんが妊娠その矢先に中村獅童さんのがんが発覚しました。

そのことで妊娠を発表する機会をなくしてしまったというのが本当みたいですね。

歌舞伎は世襲の世界。

ましてや、主役を演じる大きな名前を持つ役者さんなら、芸を継いでくれる子供が欲しいのは当然でしょう。

中村獅童さんのリハビリ?

 
現在、獅童はリハビリに励む日々を送っている。

彼に課せられた最初の試練は、肺に残った切除時に漏れた血を吐きだすことだという。

薬を吸入して無理に咳き込ませて、吐き出す作業を毎日繰り返します。
この作業は健康な人でも苦しい作業ですね。
 


スポンサードリンク




足立沙織プロフィール

名前   足立沙織(あだちさおり)
生年月日 1985年1月4日
出身   岐阜県
血液型  A型

足立沙織さんは“元読者モデル”と称されてます。

大学時代には「ViVi」、「JJ」といった雑誌の読者モデルを務めています。

ちなみに大学は早稲田大学。

嫁・足立沙織さんの現在のお仕事は?

大学卒業後は、一般企業に就職をしていました。

最初の就職先は、アパレル企業「ユナイテッドアローズ」でした。

そして、現在は、クロムハーツで広報を担当しています。

クロムサイドとしてはこれ以上はないステマ展開と言えるのではないでしょうか?

クロムハーツといえば、ものまね芸人のコロッケやロック歌手の氷室京介等が愛用していることで有名です。

中村獅童さんとの馴れ初めは

中村獅童との出会いのきっかけは、足立沙織さんが当時、店員を務めていたクロムハーツショップへ中村獅童さんが買い物に行ったことからはじまりました。

偶然の二人の出会いということになります。

クロムハーツって?

こだわり抜いた素材とデザインのシルバーアクセサリーが人気!男らしさを演出する高級ジュエリーブランド

クロムハーツは、1988年に設立されたシルバーアクセサリーブランドです。取り扱い商品全てが最高級で、アメリカ・ファッション・デザイナーズ協会からアクセサリー部門最優秀賞を受賞したことでも有名です。革製品も取り扱っており、革製品の品質の良さと完成度の高さは世界中で人気があります。

中村獅童と嫁の足立沙織がヤバイ!? まとめ

中村獅童さんと嫁の足立沙織さんが結婚されて、中村獅童さんの体調が悪くなり、嫁・足立沙織さんの結婚3年は毎日が不安との闘いだったようですね。

これからは、お二人の宝物が増えることですから二人でいや3人で幸せを掴んでいってください。

中村獅童さんの舞台を励みに筆者も頑張ります。


スポンサードリンク