豊田真由子の音声がyoutubeにあった。それは議員にあるまじき行為に只々驚かされました。あの野々村竜太郎号泣議員に匹敵する酷さに呆れるばかり・・・。そんな豊田真由子の音声(youtube)と豊田真由子の仲間(安倍チルドレン)の驚くべき実態をまとめて記事にしてみました。


スポンサードリンク




豊田真由子の音声がこれだ!!



「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。
〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

(ボコッという打撲音)

 男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

 豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!! 〉

 音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察に被害届を出すという。




スポンサードリンク




安倍チルドレンの実態は

熊田裕通

ある時、7産休補助でみえた若い女性教師が生意気だということになって、いつかギャフンと言わせようと仲間とチャンスをうかがっていたんです。放課後、先生がトイレ掃除の点検にやってきました。好機到来です。中に入ったところで外からドアを押さえて閉じ込めたんです。そして、天窓を開け、用意していた爆竹を次々に投げ込んだんですよ。はじめは「開けなさい」と命令していた先生も、そのうち「開けてください」とお願い調になり、最後は涙声で「開けて~」と絶叫調に変わってきた。「やった~」と快感でしたね。

武藤貴也

<選挙報酬未払い問題>
2012年の衆議院選挙で武藤の選挙スタッフとして雇用した男性から、未払いの報酬を請求する訴訟を起こされ、2014年、武藤が約30万円を支払うことで和解した。武藤の事務所は産経新聞の取材に対し「当時を知るスタッフがおらず、確認できない」としている。
<未公開株問題>
2015年8月18日、武藤が知人に「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」などと持ちかけて、金銭トラブルを起こしていた。これを受け、武藤は8月19日に自民党を離党した。
<未成年男性買春問題>
2015年8月26日には未成年の男性を買春していたことを報じられた。また、8月7日以降閉会まで第189回国会を欠席した。

宮崎謙介

<育児休暇取得をめぐる報道>
谷垣禎一自民党幹事長は「自営業者には育休の制度はなく、育児休業しようと思ったら、いくらでも本人の判断でできる。基本は国会議員も同じだ」と述べるにとどまった。
<妻の出産入院中に不倫を批判され議員辞職>
同年2月16日、衆院本会議で宮崎の議員辞職が全会一致で認められた。また同日付で自由民主党本部に離党届を提出し、受理された。

大西英男

<北海道での発言>
・2016年3月24日、衆議院北海道第5区補欠選挙の応援で現地入りした際、神社の巫女から「自民党はあんまり好きじゃない」と言われた出来事を細田派の派閥会合で紹介し、「巫女のくせに何だと思った」と発言した上に、「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」「私は神社関係を中心に回ったが、私の世話を焼いた巫女さんが20歳くらいだった。投票が初めてだということだから、ひとつ口説いてやろうと思った」などと述べた。

山田賢司

<秘書給与ピンはね疑惑>
2015年7月、山田の公設秘書を勤めていた男性が、週刊誌に実名で秘書給与を毎月10万円事務所に戻させられていたことを告発した。また当人のブログでもそれらの告発を行っていたが、2016年2月11日に西宮市内の路上の車内で死亡しているのが発見された。2016年2月19日現在、死亡した秘書のブログから告発に関する記事のみ除去されている。

務台俊介

・2016年9月10日、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官として同月1日に岩手県岩泉町(台風10号の被災地)へ被害調査に訪れた際、被災現場の水たまりをおんぶされて渡っていたとし、謝罪した。同月12日には「不適切だったと猛省している」とし、長靴を持参しなかったことについても「大いに反省している」と述べた。

中川郁子

<中川郁子不倫>
・2015年3月5日、自民党衆議院議員の門博文との不倫関係が、週刊誌『週刊新潮』にて報じられた。記事には、門と中川が六本木の路上で接吻している写真が掲載された。

中川俊直

<女性問題で経済産業大臣政務官辞任>
2017年4月18日、中川は経済産業大臣政務官を「一身上の都合」により辞任。毎日新聞は、中川が警察に「ストーカー登録」された事を週刊新潮が掲載したため引責辞任した、と報じ、また民進党は議員辞職を求める方向であるとも報じている。
<輪姦疑惑>
『フライデー』(2017年5月12日・19日号)は、中川が秘書時代に「集団レイプ」まがいの行為をして事件になりそうになったのをもみ消していたことを報じた。『フライデー』が根拠にしているのは、熊本県在住の会社経営者の男性の実名告発である。この男性は中川の父親である中川秀直の後援会「明秀会」を立ち上げ、会長をつとめた人物である。

豊田真由子

<園遊会招待者以外同伴>
2014年4月17日の園遊会において、ルールを無視して招待者以外を同伴して入場したため、宮内庁が衆議院に対しルールの周知徹底を要請する事態に発展した。

豊田真由子の音声(youtube)が100倍酷い!! まとめ

豊田真由子の音声を聞いて自民党の二階俊博幹事長は、どんな結論を出すのか(悩みの種は尽きません)。


豊田真由子議員 秘書(無能)呼ばわりが仇に!? 措置入院とは潜伏場所?












スポンサードリンク