豊田真由子のモンスター絶叫暴行には唖然となるばかりだ。安倍チルドレンの1人でもある豊田真由美は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加え、前代未聞の振る舞いをしていた。モンスターエナジーの異名を持つ豊田真由美。気になる事件や夫や子供、経歴などを調べてみました。


スポンサードリンク




豊田真由美プロフィール

名前   豊田真由子(とよた まゆこ)
生年月日 1974年10月10日
出身   千葉県出身
学歴   桜蔭中学校・高校
     東京大学法学部卒業
     ハーバード大学大学院修了
血液型  A型
趣味   絵画鑑賞、ジョギング、料理、生け花
家族   夫、長男(7歳)、長女(5歳)

<経歴>
平成 9年 厚生労働省(旧厚生省)入省
平成15年 金融庁総務企画局課長補佐
平成19年 在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官
     新型インフルエンザパンデミック等に
     WHO担当の外交官として対処。
平成23年 厚生労働省老健局課長補佐
平成24年 第46回衆議院議員総選挙において、埼玉県第四選挙区
      (朝霞市・志木市・和光市・新座市)にて初当選
平成26年 2期目当選
平成27年 第3次安倍改造内閣 文部科学大臣政務官
     東京オリンピック・パラリンピック大臣政務官
     復興大臣政務官

凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害”音声

豊田真由子議員とは

豊田真由子さんは、埼玉4区選出の自民党所属の衆議院議員で、現在2期目を務めています。

豊田真由子・園遊会突破事件

事件となったのは、2014年の春の園遊会でのことです。

園遊会は、招待者と配偶者のみが入場できることになっています。

宮内庁管轄で進められる行事で例外が認められることはほとんどありません。申請しても認められることはありません。

それにもかかわらず、豊田真由子議員は、ご自分の母親を配偶者と横車を押して入場しようとしました。

当然規則通り宮内庁の係りの担当者は、母親は配偶者ではないので入場を拒みます。

それなのに、豊田真由子議員は母親のことを「私の配偶者だ」と主張し、強行入場してしまうという傲慢極まりない行動をとったという。

おめでたい会の運営上、事を荒げるのを留まり強硬な態度にでることは
しなかった宮内庁職員でした。

その後、宮内庁から衆議院に対して、同伴者のルールの徹底を要請するという前代未聞の事態に発展しました。

前代未聞とはこのことで、安倍政権での不始末は当時ニュースになりましたね。

詳しい豊田真由子議員のモンスター事件とは誰もそこまでとは?考えなかったと思いますね。

このような破廉恥な行為を平然とやってのける豊田真由子議員。
まさにモンスターの異名の所以がお分かりいただけたと思います。

他にも、議員会館の自分の部屋が気に入らないと言って、自民党の4役の事務所に電話をかけて文句を言ったとか・・・。
まあ、このくらいは自民党内の話ですから。

この豊田真由子議員のような性格の人は、自分より強い人には発言できなくて、自分より弱いと判断した人間には徹底的に叩くという性格の持ち主です。

結論的には、政治家向きではないということですね。
「世のため、人のため」という柱・信念がなければ務まらない政治家という仕事ですから。


スポンサードリンク




豊田真由子の夫や息子・娘

豊田真由子議員の家族は、夫と息子、娘の4人家族です。

豊田真由子議員の公式ブログによると、2017年に長男は7歳、長女は5歳だそうですから、まだまだ手がかかる時期ですね。

長男はジュネーブで、長女はパリで、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に一等書記官として赴任した時に出産しています。

安倍政権の問題児が勢ぞろい

豊田真由子 モンスター絶叫暴行に唖然!! まとめ

安倍チルドレンと言われた豊田真由子議員。
安倍政権の終焉が近づいているのか、いろいろな記事が安倍政権に襲い掛かっています。

安倍晋三総理は、このようなゴシップ記事に耐えられる体力があるのか心配です。

先日の総理官邸からの記者会見の時の顔はストレスからか出来物が露わになっていたように見えました。

このようなことが2段3段と続けば、緊急入院で政権崩壊となっていくような気がします。安倍総理の運動神経は疑問視してますから。

<追記>
22日放送のTBS系「ビビット」で同日発売の週刊新潮が報じた自民党の豊田真由子議員の秘書への暴言、暴行疑惑を特集した。

コメンテーターのテリー伊藤氏は豊田議員が秘書やスタッフを「人間以下で扱っているでしょ、心がゆがんでいる」と切り捨てた。


<追記>




<追記>
豊田真由子議員の地元住民の声は厳しかった。

「衆院選挙で豊田氏に投票したという主婦はあまりにひどい。
これは傷害事件では?離党で済むのはおかしい。」

「離党届を出したというが、党も責任を取るべきだ」

「仕事は仕事なので大変とは思うが、感情的になってはいけない」

「離党は当然だが、議員を続けるのも難しいのでは」
と批判の矢は自民党の対応に向けられる。



豊田真由子議員 秘書(無能)呼ばわりが仇に!? 措置入院とは潜伏場所?










スポンサードリンク