日本国籍の取得申請の意向であることが20日ニュースで流れました。恣意ては白鵬親方の誕生という運びになるのか。今まで帰化問題が進まなかった理由は何だったのか? さらに名古屋場所で史上最多の通算勝利数(1047勝)となった白鵬に寄せる関係者の声を記事にしました。


スポンサードリンク




白鵬が帰化問題を解決したら国民栄誉賞?

もし白鵬が帰化したら、国民栄誉賞をもらえるのでしょうか?という会話が聞かれました。

国民栄誉賞の第1号は、王貞治さんでした。
王貞治さんは日本国籍だったような・・・。

横綱・白鵬さんが日本国籍を取得の意向

モンゴル出身の大相撲の横綱・白鵬が日本国籍の取得申請をする意向であることが20日、関係者の話で分かりました。

親方になるために必要な年寄名跡を襲名できるのは「日本国籍を有する者」に限られている。

著しい功績を残した横綱に与えられる「一代年寄」にしても条件は同様だ。

前・北の湖理事長の生前の話

日本相撲協会の前・北の湖理事長は生前、国籍の規定について「伝統ですから。それは大事にしないといけない」と明言しており、変更する考えは全くないことを示していました。

日本国籍を取得すれば、白鵬は引退後に親方として協会に残り、後進の指導の道が開かれます。

白鵬関の覚悟は?

白鵬自身も最終的には日本国籍取得を視野に入れていました。

師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)も以前このことを聞かれて、「ある程度になったら、きっぱりとこっちの籍を取ると思う。それくらいの気持ちは持っている」と私見としながら話していました。

活躍している外国人の親方

外国出身者では現在、米ハワイ出身の武蔵川親方(元横綱・武蔵丸)やモンゴル出身の友綱親方(元関脇・旭天鵬)、そして相撲界の美男子こと、ブルガリヤ出身の鳴門親方(元大関・琴欧州)が現役中に日本国籍を取得。師匠として現在、弟子の指導に当たっています。

白鵬関が帰化しなかった“本当の理由”

白鵬の父親のジグジドゥ・ムンフバトさんはモンゴル相撲のブフにおける最高位、アヴァルガの称号を得てたモンゴルの英雄でした。

レスリングでは1964年の東京オリンピックから5大会連続出場、メキシコオリンピックでは銀メダルを獲得。

この時のメダルがモンゴルにおける最初のオンリピックメダルとなっています。

父親、ムンフバトさん自身が白鵬の国籍変更に難色を示しており、白鵬関ご自身の問題だけでなく、モンゴルの国内世論の反応も視野にいれる必要もあり、そう軽々にはコメントできるものではないとされます。

いずれにせよ、国籍変更申請から国籍の取得まで最低でも1年は要するのが通例と言われます。

横綱・白鵬関の精神的なゆらぎは?

今回の大記録を達成する直前、白鵬に近い関係者が次のように明かしてくれました。

「横綱が日本の国籍を取ったとしても“モンゴル人として記録を達成した”という事実は永遠に残る。そのことでモンゴルの人たちに納得してもらいたい気持ちもあるようだ」

デリケートな問題だけに、じっくり時間をかけて最終判断をしてもらいたいものです。

ちなみに、白鵬関の父親がアルツハイマー病であることもあり、できるだけ余計な空気をいれないようにしているのではないでしょうか。

また、一方の理由とは?

通常は帰化する場合は、嫁方の籍に入るというのが便利というか簡単な手続きみたいです。

ところが、ここにもまた白鵬関を悩ます大きなネックがありました。

それは、夫人の父親、つまり義父は児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕歴があるんだとか。

そして、白鵬関が日本国籍を取得するためには、そんな義父の養子に入ることに難色が・・・。

モンゴルの英雄である白鵬の父親にはこのことが耐えられないのだという。

白鵬はこの問題で相当なストレスを抱えているといわれていましたから。

このようなことがあったとは・・・。


スポンサードリンク




浅香山親方、白鵬に感謝!

7月20日、史上最多の通算勝利数(1047勝)で並ばれた元大関魁皇の浅香山親方は、白鵬の一番を時計係の審判員として向正面の土俵下で見届けていました。

報道陣の問いかけに「まだまだ通過点でしょう。俺からしてみれば(自分が記録保持者ということを)忘れてた頃に、名前を思い出してもらえるだけでありがたい」と、謙虚にコメントしていました。

貴乃花親方は?

「これから伸びる数字。調子に乗ってくる」

「これから伸びる数字でしょうね。まだ若いですから」

「集中できてたんでしょうね」

「白鵬と当たる力士は、いかに立ち合いで優勢に持っていくかですね」

日馬富士は?

白鵬の1047勝目に言及した。

「偉大な横綱と、同じ時代にいることがうれしいし、励みになる。何百年に1人しかいないと思う。いいライバルで、お互いに番付を上げてきましたから。尊敬しています」

「全身全霊ですよ。結果は後からついてくる」
と。

白鵬 帰化問題が進展し親方で理事長だと!? まとめ

これから何年相撲を取るかは別にして、引退後の準備に着手する年齢に差し掛ってきた白鵬関。

これからもいい相撲で観衆を沸かせてください。

<追記>
白鵬の母・タミルさん手記…「ダヴァ日本に恩返しを」

白鵬の母・タミルさん
 白鵬が近い将来、日本国籍を取得して引退後も日本相撲協会に残る意向を持っていることが20日、分かった。関係者によると、親方になる夢を抱いているという。

多大な功績から、しこ名のまま親方になれる一代年寄が認められる可能性が大きい。

また、母親のジジド・タミルさん(68)がスポーツ報知に手記を寄せ、大記録を達成した息子をねぎらった。
日本国籍取得についても理解を示した。

彼は10代半ばで日本に行った。年月がたって日本の文化、しきたりにも慣れている。

日本人としての考え方も理解している。家族を持ち、たくさんの子供(1男3女)を持った。

こういう生活をしているのだから、将来、帰化をして親方として相撲協会に残ることになったら、息子の意見を尊重したいと思います。なぜなら息子は「相撲」に恩返しをしなければいけないから。

自分が学んだこと、目にしたものを次の世代に伝え、バトンタッチする。

それを財産として伝えなければいけないのです。具体的な話は、まだ出ていませんけど。(スポーツ報知)


スポンサードリンク