野田聖子氏の家系図の親戚の中に大村益次郎までが出てきます。野田聖子氏は当選8回・3回目の入閣。自民党総務会長まで経験しており、「押しも押されぬ女性総理候補の最右翼」との呼び声が高い。祖父の地盤を引き継ぎ政界へ。分かりずらい複雑な家系図・家族を調べてみました。


スポンサードリンク




野田聖子の家系図は豪華なプロフィール

曽祖父・島徳蔵
相場師、大阪株式取引所理事長、日魯漁業社長、阪神電鉄社長。

明治28年大阪の私塾を出て、家業の株式取引所仲買人となった。

株式売買を続け、大正5~15年大阪取引所理事長を務め、「北浜の島徳」として天才相場師といわれた。

また第1次大戦後に続出した大小会社の発起人に名を連ね「会社屋」とも呼ばれた。

さらに中国の天津、上海各取引所理事長のほか阪神電鉄社長など多くの事業を手がけた。

昭和2年に取引所法違反事件に連座、8年には売塩事件、9年愛国預金銀行にからむ背任横領事件で入獄、破産申請を受けた。


祖父・野田卯一
衆議院議員(自民党)、参議院議員、建設相、大蔵官僚(事務次官)。

昭和23年大蔵事務次官、24年専売公社副総裁を経て、25年自由党から参院議員に当選。

昭和26年第3次吉田内閣の建設相に就任。

昭和28年衆院議員に転じ、以後9選。

51年経済企画庁長官を務めました。


祖母・野田光
島徳蔵の次女、東京帝大法科卒。

実父・島稔
父/東大法学部卒業後、新日鉄勤務。

元建設相の野田卯一氏の長男として生れた島稔は、 幼少期に卯一氏の岳父である島徳蔵氏の養子となります。

島稔は頭の切れる天才肌で何をやらせても異彩を放っていたという。
大学卒業後は八幡製鉄に入社。

稲山嘉寛氏の懐刀として将来を嘱望されていたが、 型破りな言動が災いしたのか、若くして会社を去ることになります。


親戚・島定治郎(ていじろう)
日米板硝子社長、貴族院議員(多額納税者)・徳蔵の弟。

明治26年慶応義塾を卒業して実業界に入り、35年福島紡績に勤務の後、日米板硝子社長、日本硝子工業社長、大日本炭鉱取締役、日魯漁業監査役を務める。

また島商店・島貿易会社を経営して貿易業界に名を成した。

大正4年欧州を、7年米国を視察した。

同年~14年貴族院議員を務めた。


親戚・実吉安純
海軍軍医中将、海軍軍医総監、貴族院議員・薩摩藩子爵

医学を志し藩医池上祥斎に入門、戊辰戦争の際は従軍して負傷者の治療にあたる。

明治2年上京、下総佐倉の順天堂に入塾し佐藤尚中に師事、のち大学東校に入学。

4年海軍病院に出仕、9年海軍大軍医に進み、西南戦争従軍。

12~18年英国に留学。帰国後、22年海軍軍医学校長、25年海軍軍医総監(海軍軍医中将)、30年海軍省医務局長を歴任。

この間、日清・日露戦争では海軍医務に活躍した。

33年男爵、38年貴族院議員、40年子爵。

退役後、大正9年に東京慈恵会医院医学専門学校長となった。


親戚・実吉雅郎(まさお)
日本揮発油(現・日揮)創業者・社長、大阪堂島米穀取引所理事・安純五男。

妻・冨は島徳蔵の長女。

東京帝大法科大学政治科卒。



スポンサードリンク




野田聖子のやさしい経歴

野田聖子の母親・島弘子さんは三人のこどもに恵まれます。

長女となるのが野田聖子議員。

弟と妹の三人兄弟。

・島稔と島弘子の間に転勤先であった福岡県福岡市に生まれる。

・オリンピックの年にちなみ、聖子(せいこ)と命名された

・1984年、祖母・野田光の死去に伴い、祖父・野田卯一の養子となり、野田姓を継ぐことに。

・毎年、政経文化画人展に日本画作品を出展している芸術家でも知られます。

・座右の銘『初心忘れるべからず』と肝に銘じているという。

野田聖子は祖父の養子に!

野田聖子議員は、父親の島稔氏が野田家から島家に養子に出たので、島聖子さんという名前でした。

1984年に祖母の野田光さんが亡くなった際に、祖父・野田卯一さんの養子になります。

野田聖子の本名は、養女に行って島聖子から野田聖子に…

野田聖子の親戚には大村益次郎?

野田聖子議員の祖父は、元建設大臣の野田卯一さんで有名ですが、祖母方の親戚を通じて、海軍軍医総監の実吉安純や、ほかにも有名人で言えば大村益次郎も家系図で繋がると言われます。

帝国陸軍の生みの親である、大村益次郎とは驚きますね。

高杉晋作に代わり、藩の中枢で軍事を取り仕切る人物こそが大村益次郎(村田蔵六)。

軍略と用兵の天才と言われる逸材でした。

長州藩の医者の家に生まれた大村益次郎はとても勉強熱心で、医学や蘭学を学び、大阪では緒方洪庵の開いた敵塾の塾頭になっています。

常に本を読んで勉強していて、徹夜する事もしばしばという有様だったといいます。

藩主の参勤交代に従って江戸に出た大村益次郎を待っていたのは木戸孝允との出会いでした。

この出会いが端緒となり、大村益次郎は長州藩士となり、萩の明倫館で西洋兵学を教えるようになります。

兵学に携わり、頭も良かった大村益次郎は兵学の講義だけでなく、高杉晋作の依頼を受けての軍事改革や兵の指導をし、やがては実際の戦場にも出陣していく事になります。

奇兵隊の生みの親が高杉晋作なら、大村益次郎は育ての親と呼べるのかもしれません。

華麗なる家系図ですね。

野田聖子 家系図や家族で知れば知るほどヤバイ!! まとめ

野田聖子氏の家系図には驚かされましたね。

どちらかと言えば豪快な性格が家系図からも影響があるのかもしれません。

全体的なDNAは受け継がれているように感じました。

これかの政治家として活躍して欲しい人ですね。


スポンサードリンク