ロッテ井口資仁内野手(42)の引退試合が行われ、<ロッテ4-3日本ハム>で勝利し、最後の引退試合まで華やかな幕切れで21年間の野球人生を終えた。そんな井口資仁選手の試合後の引退スピーチや誰も語らなかった「あいつだけは許さんぞー!笑」!


スポンサードリンク




井口資仁選手、引退試合後のスピーチ

このようなセレモニーを行っていただいた、ロッテマリーンズの関係者の皆様、最後まで残っていただいたファンの皆様、本当にありがとうございました。

 ホークスで8年、アメリカで4年、マリーンズで9年、常にチャレンジを忘れず、挑み続けてきました。

入団当初の目標だった2000本安打、メジャー挑戦、40歳まで現役。

他の選手では経験できないことを多く経験させていただき、自分自身の宝になりました。

そして、21年間、多くの皆様に応援していただき、今日の引退試合、そしてこのセレモニー、本当に最高の野球人生だったと思います。

小さい頃から夢だったプロ野球選手は今日で終わりますが、また明日から次の夢、目標に向かって、精いっぱい頑張ります。

そして、ますますの野球発展、野球振興のために尽くすことが、皆様への恩返しだと思っております。

わがマリーンズですが、このような順位で終わるチームではありません。

まだまだ、伸びしろのある中堅、若手選手がたくさんいます。

ぜひ、皆さん、今以上に熱い声援をよろしくお願いします。

そして、選手の皆様、来シーズンはこの悔しさをファンとともにぶつけて、このマリンスタジアムにチャンピオンフラッグを掲げて下さい。

選手の皆さん、期待しています。

最後になりました。21年間、熱い声援をいただいたファンの皆様、チームの皆様、サポートしていただいた球団の皆様、全ての皆様方に感謝して、今日、ユニホームを脱ぎたいと思います。

21年間、本当に、本当に、ご声援ありがとうございました。

井口資仁 引退「あいつだけは許さんぞー!笑」金村義明

井口資仁選手のプロフィール

本名   井口 忠仁(いぐち ただひと)
生年月日 1974年12月4日(満42歳)
出身地  東京都田無市(現:西東京市)
出身高校 國學院大學久我山高等学校
出身大学 青山学院大学
血液型  O型
身長   178cm
体重   91kg

ポジション セカンド、ショート、ファースト
投球打席  右投げ右打ち
所属球団  千葉ロッテマリーンズ
背番号   6番

福岡ダイエーホークスで活躍したのは、
ダイエーオーナーの中内功氏に認められたのは
井口資仁選手と同じ青山学院卒という繋がりでした。

そんなこともあってか、1996年のドラフト会議では、
福岡ダイエーホークスを逆指名して井口資仁選手入団。

現在では逆指名制度はなくなってしまっています。

井口資仁選手のこどもからの野球人生

井口資仁選手が野球を始めたのは、小学校の4年生の時でした。

野球を始めた当初は、キャッチャーからのスタートでした。

中学校3年生の時には、全国大会に出場するまでになり、
キャッチャーとして大活躍していました。

そして高校になってからショートにポジションを変更し、
2年生の時には全国大会にも出場しています。

その後は大学へと進学していき、青山学院大学で
プレーしさらに野球に磨きをかけていきました。

青山学院大学では4年生のときには主将、
キャプテンとしてチームを牽引し、
一方で1996年のアトランタオリンピックでは
日本代表としてもプレーしていました。

この時の日本代表は決勝戦でキューバに敗れて
残念ながら銀メダルでした。

ところがこのとき、井口資仁選手はキューバ代表の
プレーに衝撃を受け、このことが端緒となって
メジャーリーグへの挑戦に繋がっていきます。

ちなみに井口資仁選手は大学での成績としては、
東都大学リーグ史上唯一となる『三冠王』という
記録を残しています。

この井口資仁選手の記録は、未だに東都大学リーグでは
誰も達成していない記録となっています。

プロ入り後の井口資仁選手

1997年から福岡ダイエーホークスのプロ野球選手
となった井口資仁選手ですが、プロの世界は
そう甘くはありません。

オープン戦での故障もありましたが、
開幕一軍とはいきませんでした。

5月には一軍での初出場となりますが、
打率に悩み下位打線での起用が主でした。

2000年にはシーズン中に左肩を負傷し手術。

2001年からはポジションをショートへと移行。

ちなみにこの時のセカンドには、鳥越裕介選手の
存在が大きく、そう簡単にはいきません。

また、井口資仁選手はこの年からは盗塁にも
力を注ぎ、44盗塁で見事に盗塁王を獲得。

そして、ホームランも自身初の30本を記録など
徐々に数字的にも成績を残すようになります。

そして2005年からは井口資仁選手の念願だった
メジャーリーグへの挑戦が始まります。


スポンサードリンク




メジャーリーグの井口資仁選手

2005年から2007年途中までは、シカゴ・ホワイトソックスでプレー。

2007年途中からはフィラデルフィア・フィリーズで。

2008年にはサンディエゴ・パドレスでプレー。

途中からは再びフィリーズでのプレーとなり、
この年に田口壮選手と共にメジャーリーグ選手でも
なかなか手にすることができないと言われる
チャンピオンリングを手にしています。

日本球界に復帰した井口資仁選手

2009年からは日本球界復帰し、
千葉ロッテマリーンズでのプレーとなります。

そして2010年には、レギュラーシーズン3位
からの逆転優勝にも貢献。

井口資仁選手の引退理由?

生涯年俸は約29億2200万円という数字。

実際は、これに出来高の報酬金額は含まれていません。

この金額からもわかりますように、体への酷使は
計り知れないものがあったのでしょう。

あとは推して知るべしというところでしょう。

井口資仁選手の引退後はどうされるのか
まだ明らかにされていませんが、

もちろんとも言うべき、コーチや監督などの
野球指導者になっていただきたいですね。

『小さい頃から夢だったプロ野球選手は今日で終わりますが、
また明日から次の夢、目標に向かって、精いっぱい頑張ります。』

井口資仁 引退試合も華やか!! 誰も語らなかった・・・まとめ

井口資仁選手は42歳という年齢にもかかわらず、ヨレヨレの引退ではなく、
最後にホームランまで演出する幸運の持ち主です。

最後まで野球選手に必要なプロとしての『華』がある選手でしたね。

お疲れ様でした。ありがとうございました。



スポンサードリンク