掛布雅之2軍監督が急遽退任となり、最終試合で有終の美を飾った。最後に選手からの胴上げを断った理由は?監督退任の理由は?ミスタータイガーとまで言われた掛布雅之の指導法や考え方とは・・・。選手たちはスパルタ方式を望んでいるのでしょうか?調べてみました。


スポンサードリンク




掛布雅之&金本知憲★日本シリーズ

掛布雅之2軍監督の最後の指揮

阪神ー広島のウエスタンリーグの最終戦が28日、甲子園球場で行われた。

試合結果は、阪神が16-4と圧勝し、選手全員がマウンド上に横一列に並びファンへ挨拶すると掛布2軍監督は一人ひとりと握手を行った。

「2年間、やったことを色々と思い出しながら握手をさせてもらった」

という掛布雅之監督。
たが、どことなく掛布雅之2軍監督の背中が寂しく見えてその訳を追ってみました。

なぜ、拒んだ胴上げ、掛布雅之監督??

ラストゲームが終わり、ベンチへ引き上げてきた望月と今成が、掛布雅之2軍監督に胴上げを懇願した。

だが、掛布雅之2軍監督は、笑顔で拒否した。

ラスト試合に徹夜組まで現れ、7138人で埋まった甲子園球場のファンにざわめきが起こった。

32年前の岡田・掛布・バースの記憶をもつ、阪神ファンからの掛布コールだった。

それでも、掛布雅之2軍監督は「侍」の美学は譲らなかった。

「胴上げは、セ・パの優勝監督がされるというのが美学。」

「選手が引退するときとね。」

「胴上げは、勝者がするもの。」

「私は去っていく人間ですから。」

「照れじゃなく最後のお別れはいい。」

「選手の気持ちには感謝している。」

ミスタータイガースと呼ばれた男の美学だった。

リーダーのリーダーたる所以は、「最後の壁は見せないこと」と言われる。

チームの力は、そのリーダーの能力を超えることはない。

だから、リーダーは美学を持ち合わせるのである。

掛布2軍監督「電撃退任」本当の理由?

球団は2年契約の満了に伴う「世代交代」と説明した。

この唐突な人事の発表の裏には、1軍監督・金本監督と掛布雅之2軍監督との「野球観」の違いが挙げられる。

スパルタ派の金本監督。

選手の自主性を重んじる掛布雅之2軍監督。

事実上の“解任”だった。

金本監督はDeNA戦後、

「一緒にやっていきましょうということで2年間支えてもらったし、若い選手を一軍に送り込んでもらった。ありがとうございましたと言いたい」

と背番号31に感謝した。

表向きにはこのような対応になっていますが、ある阪神関係者は

「選手育成について完全に同じ方向を向くことができなかった。」

「金本監督はもっと厳しく質、量ともに選手を追い込んで鍛えるタイプ。」

「掛布監督は今風の選手に合わせて褒めて伸ばすタイプ。」

「金本監督にとっては今の2軍の練習は物足りなく映ったのかもしれない。」

「お互い新人監督なのでフロントがうまく立ち回らないといけなかったが、それができなかった」

と残念がる。


スポンサードリンク




掛布雅之2軍監督の指導方法は?

掛布雅之2軍監督の指導方法は、

「選手の長所を見つけて伸ばしていきたい。」

「気持ちを乗せて見守る。」

今の選手たちはそういう時代になっているとの指導方針で選手の自主性を重んじる指導でした。

スポーツ界の指導法は大きく変化していて、スパルタ教育?って何。

毎年、お正月恒例の箱根駅伝の青山学院の指導法。

選手の自主性は当たり前、主役は選手。

選手の自主性重んじ褒めて伸ばす指導法で、1年目の16年は57勝54敗7分けでウエスタン・リーグ3位。

今季は48勝55敗8分けで同最下位だが、この2年間で多くの若手を一軍に送り出している。

掛布雅之2軍監督の心残りは、15年のドラフト1位・高山俊外野手。

春季キャンプで掛布2軍監督がマンツーマン指導した秘蔵子だ。

そして、もう一人がDC時代から目をかけていた中谷将大外野手。

さらに、伊藤隼太外野手も“掛布チルドレン”だ。

スパルタで有名なシンクロナイズドスイミング

一貫して変わらない指導方法を続ける井村雅代さん。

スパルタ教育の第一人者とでもいいでしょう。

井村雅代さんは言う、

「私の思いが通じるまで、あの手この手で、あの言葉この言葉で何回もトライすること、挑戦すること、粘ること、諦めないこと」

と話す。

このスパルタ教育に目を背ける人も少なくない。

「結果が出てるってことは指導者として有能なんやろうけど・・・」

「この人が居なくなった後の日本シンクロ界に未来はあるのかね」

「NHKでやってたが毎日10数時間水に入りっぱなし」

「休憩時に水に入ったまま飯食ってた」

「シンクロの選手の名前知ってる?」

掛布雅之 監督退任?理由に唖然!! まとめ

掛布雅之さん、お疲れさまでした。

噂では聞いていましたが、残念ですね。

指導法はその人が持っている人間性なんですね。



<追記>
阪神・掛布雅之2軍監督が29日、球団から就任を要請されている
「オーナー付アドバイザー」の受諾しました。

各球団の選手育成方法などを学び、阪神タイガースに
還元していくというお仕事です。


スポンサードリンク