希望の党の支持率最新情報をまとめていきましょう。自民党支持率・希望の党の支持率最新情報をその日の動きなど「ポロリ」発言などに注目して衆議院選挙を見守っていきましょう。特に注目を集める小泉進次郎の動画は見逃せません。希望の党からは支持率最新情報に影響するのではと不安視??


スポンサードリンク




NHKの世論調査・各党の支持率発表

各党の支持率 NHK世論調査
10月2日 19時25分
各党の支持率は、自民党が30.8%、民進党が3.9%、公明党が3.8%、共産党が3.3%、日本維新の会が1.0%、希望の党が5.4%、自由党が0.3%、社民党が0.6%、「特に支持している政党はない」が40.4%でした。

小池百合子氏率いる希望の党


自民党の話術の天才・小泉進次郎

与党の見逃せない本音がポロリ!!

「すっきりしない」
「何のため」

安倍首相の解散理由に「納得しない」は約7割を占めている。

大多数の国民は、解散の大義が曖昧で後付けであることに不満を抱いています。

そんな中で、与党・公明党代表の山口那津男代表がポロリ発言してしまった。

「野党の中には衆院を解散する意義が乏しいと言う人がいる」

「それは自分たちの頭が乏しいためだ」

と言ってしまったのだ。

いつも間にかもう「庶民の党」ではなくなってしまっている。

解散の大義が「ない」と感じている、そんな庶民の声に対し「頭が乏しい」=「頭が悪い」とは、ポロリと出た本音なのだ。

私たちは覚えています!

安倍晋三首相が秋葉原の都議選応援演説で、聴衆を指さして

「こんな人たちには負けたくありません」

と叫んだマイクの音を・・・。

安倍晋三首相の言葉と同じ目線の発言が、
公明党・山口那津男代表から公然と発せられました。

いつも政治家の心の中には、庶民を小バカにしているのだということが明らかになりました。

『頭が乏しい』というのは、“議論の相手にならない”と上から目線で切り捨てる言い方には本音が出たのでしょう。

失言?でしょうか。

自民党の暴走に歯止めを駆ける役割として、庶民の声を国会にという公明党だったのではありませんか?

庶民の気持ちを代弁できなくなっては、公明党の存在意義そのものが必要なくなってくるのではないでしょうか。

政権与党にすり寄って、権力の座に付けば・・・「朱に交われば赤くなる」では困りますね。


スポンサードリンク




そのとき安倍晋三首相と公明党は??

もともと、今国会の解散劇は、

「安倍晋三首相の森友学園、加計学園との癒着が浮上し、その追求を無くすため、疑惑隠しに解散をした。」

「国会でこれ以上嘘がつけなくなった」

と国民は把握していますけど・・・。

「テレビでは、当選するためにどんな枠組みをつくるかばかりが話題になっている」

と安倍晋三首相は、民進党と希望の党の合流をめぐる混乱を強い調子で批判しています。

そして、後付けの大義を並べています。

 「今回の選挙は日本の安全、子供たちの未来をどの党に託すか、誰に任せられるかを問う戦い。切り開いていけるのは自公連立政権だ」

と強調してます。

さらに、

「我々は野党の間、深刻に反省し、政策を磨いてきた。単に政権交代(への思い)だけを語らず、政策を掲げたんですよ、皆さん」

と絶叫。

本当にそう思いますか?

7月の都議選で小池百合子都知事の勢力と協力したのは公明党。

覚えてますか?

しかし今回は、「自民党との連立を守ります」。

と言って「関係修復」をアピールしています。

まったく、反論する言葉がありませんね。(笑い)

話題のネタはこれだ!

東京7区は枝野幸男代表率いる立憲民主党から立候補することが決まった、元厚労省の長妻昭氏。

この対抗馬として、地域政党「都民ファーストの会」の荒木千陽代表の父で熊本県議からの転身を狙う荒木章博氏を対抗馬として公認しました。

荒木千陽代表の父:宮本武蔵の流派「二天一流」の第21代師範・・・
荒木千陽代表の記事はこちらにあります。

希望の党の支持率最新情報がこれだ!! まとめ

希望の党の支持率の最新情報の記事を拾ってみていきます。

庶民の声をストレートに反映してくれる党が一番望ましいのですが、いつも選挙では庶民は騙されっぱなしです。

しっかり見定めて子供を育てていきましょう。


追記記事

<10月7日>希望の党支持率最新情報



<10月10日>希望の党支持率最新情報
読売新聞社が行った10月7~8日の全国世論調査です。

衆院比例選の投票先は、自民党32%がトップで、衆院解散直後調査(9月28~29日)の34%からほぼ横ばいだった。

注目の希望の党は前回19%から13%に下がり、立憲民主党が7%となりました。

意外と立憲民主党が伸びています。

公明党5%、共産党4%、日本維新の会3%などの順になりました。

また、「決めていない」人が27%。




スポンサードリンク