小沢健二は現在も軽快な音楽のスタイルは変わらない。嫁や子供も楽しいでしょう。日本でのラップ・ミュージックやヒップホップのポピュラー化を現在までも促し続ける小沢健二。そんな小沢健二が現在も尊敬して止まないのがタモリ。小沢健二の現在と嫁と動画とタモリを記事にしました。

「カローラⅡにのって」

「渋谷系の王子様」の曲として有名になりました。

「プラダの靴」

「流動体について」

家系図から知る小沢健二

父親・小澤俊夫と小澤征爾は?

小沢健二の音楽と私生活

1968年
神奈川県相模原市にてドイツ文学者の小澤俊夫と、心理学者の小沢牧子の二男として生まれ、すぐに家族でドイツへと移住することに。

1989年
大学在学中からアマチュアバンド「ロリポップ・ソニック」で活動。

プロデビューと同時に「フリッパーズ・ギター」と改名する。

1991年
オリジナルアルバム3枚といくつかの再編集盤を残したまま解散。

1993年
小沢健二はシングルとなり「天気読み」でデビュー、
1stアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』をリリース。

1994年
ヒップホップ・グループのスチャダラパーと共演したシングル「今夜はブギー・バック」をリリース。

これが50万枚を超えるヒットとなって、現在の小沢健二の今があると言っても過言ではありません。

同年、ソウルミュージックのアレンジ・多くの引用からなる2ndアルバム『LIFE』が大ヒットとなる。

1995年と1996年には連続して『NHK紅白歌合戦』にも出場。

1998年
シングル「春にして君を想う」をリリースした後は、しばらく活動を休止していました。

2009年
NYで友人の紹介で出会ったアメリカ人のルポライター、写真家エリザベス・コールと2009年に結婚。

本名:エリザベス・コール
1976年生まれ、アメリカ人で名門の
ブラウン大学を卒業した才女です。

結婚後はニューヨークを拠点に南米など各地をまわる旅を続けていました。

結婚後、小沢健二は日本での音楽活動を再び始めます。

それまで、歌手としての活動が全くなかったというわけではありません。

結婚相手も映像提供などで参加しゲリラ的に行われるライブなどでも話題を提供してきました。

また、公式サイトひふみよをベースに、父、小澤俊夫の発刊する冊子などに寄稿し、文章も発表しています。

2013年
6月、長男の誕生を発表。

2016年
10月に次男の誕生を発表。

二児の父となった現在、はじけたムードの楽曲をリリースしました。

そして最近は、テレビ局でパフォーマンスを行うまでに。

一時は商業主義的な活動を完全に封印。

もう二度と渋谷系の王子様を演じることはないのかと思っていたら・・・。

小沢健二が現在、「おじさん」になった証拠でしょうか?

歌手・小沢健二とタモリの関係

よく関係者の間では、不思議に思われていることが・・・。

それは、めったにヒットチャート入りする歌手を
褒めることはしないというタモリ。

ところが、小沢健二の歌詞となると、
特に絶賛しているタモリといわれています。

そのこともあってか、小沢健二が出演する
テレビ番組はすべてタモリが絡んでいる
と言われています。

小沢健二とタモリの関係が気になりますが・・・。

小沢健二は結婚後は嫁と子供をともなって
「笑っていいとも」のスタジオ入りしたことも。

タモリに嫁と息子を紹介しているのだそう。

小沢健二の歌詞の世界をタモリが的確に説明できるのは
こんな二人の関係からもうかがえる。

小沢健二 現在は嫁と子供に恵まれ・・・ まとめ

小沢健二の家系図から、タモリさんとの関係までまとめました。

若かった「渋谷の王子さま」も49歳。

またあのちょっと軟弱な繊細さが好きというファン。

小沢健二の歌手活動が再開され、小沢健二ファンの歓声が止むことはありません。

小沢健二 現在ハゲだと?画像は? 19年の空白が明らかに!!


スポンサードリンク