覚醒剤取締法違反の容疑で12日までに逮捕された清水良太郎は、物まね四天王の清水アキラを父にもつ2世タレントだった。世間的にはまたやらかした2世タレント事件と突き放す。同情される清水アキラ。芸人の生きざまを露骨に表現する梅沢富美男さんの意見は鋭い!!


スポンサードリンク




清水アキラ 息子逮捕で会見するの?

清水アキラさんには、3人の息子たちがいる。

長男はパイロット?
清水アキラさんの息子(長男)はパイロットで活躍しています。
名前は清水男(だん)さんで昭和56年12月20日生まれ。

名前が「男」という文字一字で「だん」と読むらしい。

清水アキラさんは、息子(男だん)さんを誇らしく
思っているに違いない。

玉川学園高等部を卒業後に渡米しアメリカ留学を経験、
そして航空大学に入学しJALに入社。

清水アキラさんの息子(次男)は会社社長。

次男の清水友人さんは早稲田大学を卒業後、清水アキラのマネージャーとして修業。

芸能界の裏方の仕事を丁寧にこなしている。

現在は父である清水アキラがオーナーの
清水エイジェンシーの社長を任されています。

清水アキラ 息子逮捕で会見するでしょう!

清水アキラさんは、「責任は親にある」とブログで良太郎容疑者への思いつづっていた。

12日今現在、清水アキラは会見を行っていませんが、
心中を察すれば親として、切ることができない親子の愛情。

ただ、ひたすら、

「子供は幾つになっても自分の子であり、責任は親にあると思います」

と、息子への愛情を隠すことなくつづっていた。

その中で、

「どんな時も最後の最後まで子どもと向き合い、しっかり歩んでいこうと思っています」

最後には、

「子育ては終了したと思っていましたが・・・」

と、世間さまに只管、頭を下げるしか方法はありませんでした。

梅沢富美男さん芸能界の厳しさ説く

「ルールがわからないなら芸能人やめろって」

「芸能人には芸能人のルールがある」

と語る梅沢富美男さん。

今回の清水アキラさんの息子の逮捕に合わせるがごとくに、
芸能界における『親の責任』について語っている。

2016年8月、芸能界は大騒ぎになった、高畑裕太事件。

母・高畑淳子さんはすぐ謝罪会見を開いたが、
後にメディアで息子を擁護するような発言があり、
違和感を抱かれる向きもあった。


スポンサードリンク




高畑淳子さんの息子事件について、梅沢はどう見るのか?


『手を出してしまった男が悪い。

だけど、息子(裕太)は釈放されたとき、
報道陣を睨みつけ、自分は被害者(ハメられた)
という顔していました。

その疑惑はないわけではないですけど・・・。

問題なのは、自分が問題を起こすことで、テレビや舞台が中止になるとどれだけの損害があるのか。

自分の地位を捨てるほど、今自分がやろうとしていることは価値があることかどうか。

表に出て、知名度が上がれば上がるほど、それをいつも念頭に置いておかなければならないことです。

芸能界なんて今日があって明日のない商売と思っていますよ。

タレントが売れているのは、周りのスタッフのご苦労のお陰なんだから。

だからスターになったタレントは責任を持って周りの人間を食わせないといけないんです。

それがわからないなら芸能人をやめろって。

おれは死んだ親父から

「温かい飯が食いたいなら芸能人をやめろ」

と言われ続けた。

かつて美空ひばりさんもいつもショーが終わった後に

「冷たいチャーシュー麺」

を食べていたと聞いたことがある。

自分のために汗水垂らして働くスタッフを思い、スポンサーなどに挨拶回りをしているうちにラーメンが冷めてしまうんだろうな。

深い話だよ。』

芸能界の2世は親の名前使ってる!!

<橋爪功さんの息子・橋爪遼(30才)も今年6月に覚せい剤取締法違反で逮捕された。>

このときも親の責任論が白熱しました。

本来なら子供が成人しているなら親が責任を取ることはないと思うけど、芸能人は別と断言する梅沢富美男さん。

「デビューする時に親の名前を使っているんだから。」

「不祥事があったら親が責任を問われることもある。」

「だから2世は他の人に比べてスタートが有利な分、親の名前の責任も背負って行動しなきゃならない。」

「サラリーマンにはサラリーマンのルールがあるように、芸能人には芸能人のルールがある。」

「理不尽だろうが、おれたちはおれたちのルールを守って初めて社会人なんです。」

と梅沢富美男さんは語気を強くする。

と言うのも、自分にも娘をもつ親としての
どこまでもつきまとう不安を打ち消すかの
様でもありました。

コメントを残す芸能人は?

宮根誠司「反省してない」清水良太郎容疑者に苦言
「まったく反省してないように取られる」とコメントした。

歌手の山本譲二は
「アキラちゃんかわいそうだよね」
と父親の清水アキラを気遣った。

タレントの薬丸裕英は
今年2月に違法カジノ店での賭博疑惑に触れ
「親子で反省してますって言っていたのにこれでしょ。」

坂上忍は、さらに坂上は賭博疑惑の時に
「謹慎して復帰して会見は開いてない」
と指摘し、父の清水アキラを思いやっていました。

清水アキラ 息子逮捕で会見するしかない!! まとめ

清水アキラさんの息子さんが不祥事でこんなことになりましたが、
子をもつ親として芸能界だけの問題ではないような気がします。

いつも清水アキラの息子さんということで芸能界では
チヤホヤされる環境になってしまいますよね。

生まれた時から、ボンボン扱いされて、実際の世間の風を
教えてやらなかったのは、親の責任になるでしょう。

しっかり、真正面から息子と向き合ってほしいですね。

これまた、清水アキラさんの親としての気持ちを代弁すれば、
息子が世間様から見捨てられようとしているときに、

親も世間と一緒になって、この時点で息子を責めることはできないでしょう。

それが、本当の親の姿だと思います。

清水アキラさんが、丁寧に頭を下げるしか今のところ方法はないようですね。

<追記 13日>
闇カジノの出入りにより4ヶ月間、自粛していた芸能活動休止から、
清水アキラさんと息子・良太郎の間に異変があった。

それは10日ほど前に訪れたゴルフ場での出来事がありました。

マナーをとがめる父に逆切れする息子・良太郎がいた。

「その時、事務所を辞めるかという話になった。」
「言われてみれば、すでにこのとき薬の影響があったのかも」

と話す父・清水アキラさん。

清水アキラさんはこの日の会見には、腰の手術を行った妻に
病室で終日付き添ってから会見でした。

妻を気遣う清水アキラさん、
「術前にニュースを見せてはいけないと早めに病院へ行った」

「もうすでにニュースで知っていたようで逆に気遣ってくれた」

「でも麻酔がさめた時、ポロポロ、ポロポロと涙を流しているのを見て、良太郎はえらいことをしたと思った」

と、声を詰まらせての会見でした。

<追記>
俳優の梅沢富美男が16日にこの件でさらに怒りをぶつけましたね。

「もともと壊れてるんでしょう、このガキは。芸能界ってのをバカにしてる」

と、清水良太郎容疑者について、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で怒り爆発。

ここまで言うからには、裏情報を知った上でのダメ出しでしょう。

二度と芸能界には戻れなくなってしまいましたね。清水良太郎さんは・・・。


スポンサードリンク