東南アジアでは宮川大輔の人気は急上昇しているらしい。いってQのラオスでの番組作成は宮川大輔の人気に便乗したテレビ局のちょっとした”やりすぎ”が週刊文春によってちょっとだけイエローカードをつきつけられた形となっています。どのようなバラエティーなのか調べてみました。


スポンサードリンク




ラオスでは自転車文化は存在しない

今回、ラオスでの”自転車祭り”というシチュエーションでの疑問符が、自転車は庶民の間で頻繁に利用されているのかというところから検証してみましょう。

街中の道路事情の中では自転車の姿はありません。
台湾でよく見かけるバイクの渋滞というような光景まではみることはできませんが、ラオスの街中ではバイクが中心に動いている言えます。

宮川大輔はラオスでは人気者のコメディアンらしい。
昔のビートたけしが”風雲たけし城”なるものでお茶の間を賑やかにしたといいます。

番組サイドは今回の宮川大輔の”自転車橋渡の祭り”はやらせではないと主張しているようですね。

今回の水上に一本橋でのイベントは今タイやラオスでは人気になっているといいます。
ところが、このような橋祭りがいつもおこなわれているように紹介していたことに問題(やらせ)となって誤解を生じてしまったようですね。
今回はじめての開催にもかかわらず、毎年この場所で行われているような表現いかがなものか???

実際どのような背景があったかは、テレビ局側は「現地からの提案で、番組からの提供ではない」と強く主張しています。
祭りのセットはタイの会社がおこなったといってますからね。

スポンサーとしてはコーヒー会社がイベントに協賛していました。
東南アジアでは最近特にこのような橋祭りは大人気となっているといわれています。

自転車での橋渡りのルールは簡単で、だれでも一目でわかるから面白いようです。
”橋から落ちない人が勝ち”という単純なルールですからね。

宮川大輔の「いってQやらせの人気の秘密」

また、日本国内でも知らない祭りはたくさんあります。
知名度の低い祭りを取り扱って放送すれば、それは知られざる”祭り”ということで、これまた人々の注目を集める祭りとなるでしょう。

今回の宮川大輔さんの「いってQやらせ”橋祭り”」には
宮川大輔さんのキャラクターで、ポジティブな人・・・

日々の生活の中で小さな幸せをモチベーションを保って前に進む姿に宮川大輔さんの超人気の秘密があるように思えます。

生まれつき楽天的な人はほとんどいません。
宮川大輔さんの「橋祭り」の場面では、どんなに苦しくても小さな目標に向かっていく姿にみんなが前向きになれるところが素敵なところです。

いつも宮川大輔さんの頑張りには感動させられます。

夢は行動すれば希望になりますが、
行動しなければ、ただの幻想になってしまいます。

宮川大輔さんの”やらせ疑惑の橋祭り”から、
こういう目標がると言うのではなく、こういう目標のために
毎回こういうことをしている・・・
行動とセットにしてテレビで紹介されるので
具体的に目標・行動が視聴者の頭のなかに
ストレートに伝わってくるように思えます。


スポンサードリンク




ラオスで行う空を切り裂くロケット祭り


日本の神輿と同じく、5月に入るとラオスに住む町の男性陣たちに心の落ち着きがなくなってくるという。毎年日付は変わるようですが、”ロケット祭り”の時期が近付いてくるとどこからともなくお祭りムードが濃くなってくるといいます。

この祭りは雨乞いの意味を込めて行われる祭りらしいです。
塩ビのパイプに火薬を詰めた自家製ロケットを飛ばすお祭り。

最近ではロケットの飛距離を競うコンペが開催されるようになってきて、グループ単位、職場単位など様々なチームがエントリーしてロケットを飛ばしまくります。

日本の花火と共通して、直径が15cm、全長3mを超える大型ロケットが増加し、ロケットの発射爆音がビリビリと空気を振動させて、風圧が伝わってくる迫力のあるお祭りです。

4月~6月くらいの期間でラオス全土やタイでも行われるお祭りです。
お祭り男、宮川大輔さんもこのロケットに挑戦してもらいたいですね。

イッテqのやらせ疑惑に宮川大輔ヤバイかも!!まとめ

このような企画が「やらせ疑惑」がなくてよかったのかもしれませんね。


スポンサードリンク




【追記事】
今回のイッテqのやらせ疑惑に宮川大輔ばかりでなく、ボスこと内村光良が激高しているというからおだやかではありません。

このままだと、番組降板だけにとどまらず、日テレと絶縁すらかもしれないという事態に陥っているらしい。
内村光良は、昨年のNHK紅白歌合戦で総合司会を務めるなど、国民的に人気が高いタレントと言われてます。

現在、内村光良は日テレだけでも「イッテQ」「スクール革命!」「THE突破ファイル」と3本のレギュラーを抱えています。
今回のやらせ疑惑で、内村が『イッテQ』を降板するとなると、日テレの番組すべてを降りることになるでしょう。
つまり絶縁状態になってしまうようです。