5/6日TOKIOの山口達也 ジャニーズ契約解除を発表。山口達也は4月30日に退職願をメンバーに提出し、事務所に強い退所の意思を表示していました。リーダーの城島茂とジャニー喜多川社長が協議して受理したとされてます。今後、山口達也の事務所再契約と復帰の可能性はあるのでしょうか?


スポンサードリンク




30年在籍した事務所と契約解除

城島茂とジャニー喜多川社長の話し合いの中で、山口達也氏の強い退所意志も含めて、社会的に許されない問題も含めて熟慮の結果がジャニーズ事務所との「契約解除」ということになりました。約30年在籍したジャニーズを離れることに。


ジャニーズ事務所の社長は社会的に指導者としての責任を感じているとして、契約解除の方法になってしまいましたが、23年にわたりTOKIOとして活躍した山口達也さんに対する愛情がなくなったわけではありません。


異例の“温情措置”なのか被害者の関係者に配慮しながら、加害者の山口達也氏への必要な支援を今後も行っていくと話していて、ジャニーズ事務所として「解雇ではなく、契約解除」とう形に収めました。
未来での事務所再契約の可能性も感じさせる部分がありますが、ジャニーズ事務所の関係者は「わからない」と話しています。


ここにも山口達也氏の事務所再契約・復帰の可能性を十分に残しています。

アルコール依存症を治療してから

今回の事件を起こした山口達也氏に対して、TOKIOメンバーの松岡昌宏さんは、はっきりとアルコール依存症ではないかと話していました。


山口達也氏のプライベートな部分になりますが、子供さんとの別れ、目と鼻の先に住んでいて子供との会話もままならない生活は、日に日にアルコールの力を借りるようになっていったのが原因ではないでしょうか?


もともと、山口達也氏は酒癖があまり良い方ではなかったと聞きます。
どちらかと言えば、体育会系のノリの部分が強いタイプだったようですからね。


まずは、アルコール依存症の治療を優先して元の健康なカラダに戻すことからでしょうね。ジャニーズ事務への再契約とか復帰という話が出てくるのは。


もちろん、被害者の方の傷が癒えて、許しを得るまでとなりますと、少なくとも1、2年で終わるような話ではないような気がします。


ジャニーズ事務所やリーダーの城島氏もこのことを分かった上での山口達也氏へのサポートをしていくと話しているのだと思います。


スポンサードリンク




復帰までに期間はどのくらいかかる?

極端にこの手の事件に拒否を示す人たちは、TOKIOへの復帰は絶望的だと言い切っています。


一方で、やおら、落ち着いたら芸能界へ復帰するということはあり得る話としています。


もちろん、山口達也氏の場合は、アルコール依存症やご自身の飲酒癖を直すといった治療を行う必要があります。


このような女性関係に関する問題は過去にも多くの事件がありました。
今でも名前を挙げるのも嫌な拒絶反応を示します。
極楽とんぼの山本さん、その前の2016年には、高畑裕太氏、2017年6月に未成年との不祥事が報じられた小出恵介氏。


この方たちは完全にアウト状態ですね。
芸能界への復帰は未だに許されていませんからね。
やはり、このての事件は反社会的となっていて、許されないのが当たり前です。


ちょっと、違ったアルコールに絡んだ事件では、サッカー選手だった前園さんのタクシー運転手との暴力的な行為が話題になりました。


ところが、この事件は女性問題ではなかったためなのか、現在はアルコールを周りが進めない(笑い)という条件で復帰して活躍されています。


このようなことを考えると、山口達也氏の芸能界復帰というのは正直相当難しいし、厳しい道のりだと思います。


また、山口達也氏が復帰したとしても、今までと同じようにはいかにでしょうし。テレビに関してはCMクライアントの発言力は大きく、女性層にはとくにイメージ戦略が強いため、スポンサーは山口達也氏のTOKIO参加での起用はしないと思います。すべてCMは物ではなくイメージを拡大させていくことを大切にしていますからね。


おそらく、復帰には10年以上の時間は必要ですね。
山口達也氏は現在46歳、10年後は56歳という年齢になっています。
時間的な流れからみても復帰は厳しいといっていいでしょう。

山口達也 事務所再契約・復帰はいつ頃? まとめ

まさか、山口達也氏がこのような事件を起こすとは思ってもいませんでした。
あの大人しいリーダー城島茂氏が激怒しているのはわかるような気がします。


とは言っても、完全にアルコール依存症という病気ですから、本人はまったく意識のない状態だったと思います。もちろん言い訳にはなりませんが。
まずは、病院で治療を受けてアルコール依存症を治すことからでしょうね。


誰にも起こりえる心の不安定につけいる病。
ちょっとした自分の寂しさや心の弱さを見せたため、アルコールという厄介な依存症にまでなってしまう危険。
自分一人ではなく、TOKIOの仲間たちともっと話をしていれば・・・。
と悔やまれてなりません。事務所再契約・復帰を望んでいるファンの一人です。




スポンサードリンク