1996年の夢の球宴「オールスターゲーム」で「ピッチャーイチロー」が登場した。このときのパ・リーグ監督はアイデア豊富な仰木監督の采配でした。このとき起こった両リーグ監督の駆け引きが面白かった。セ・リーグ監督は悪役になった野村克也監督だった。そしてマーリンズでピッチャー後のコメントも。

イチロー、ピッチャー、マーリンズ


スポンサードリンク




ピッチャー イチロー仰木采配だった

1996年の「オールスターゲーム」で予期せぬ「ピッチャー イチロー」が登場し夢の競演に華が咲いた。


パ・リーグが7対4とリードして迎えた9回表に、日本ハウの西崎幸広投手が簡単にツーアウトを取って、次に迎えるバッターは巨人の”ゴジラ”松井秀喜選手だった。


ここで、驚きの選手交代劇が始まったのだ。
パ・リーグの仰木監督が外野を守っていたイチロー選手に
ピッチャーを命じたのでした。


仰木監督は以前からイチローに関するデータは熟知していて、名電工時代はピッチャーもこなしていたことを。
会場の東京ドームは大いに盛り上がり、セ・パ両リーグを代表する二人のスラガーが、打者と投手に別れて夢の球宴にふさわしい「夢の対決」場面をみることができる喜び、仰木監督の采配に東京ドームは沸きあがりました。


イチロー選手の肩には定評があり、外野からのダイレクト返球(レーザービーム)でホームプレートに投げ込むシーンには定評がありました。


このときもオールスター戦の前座として行われたスピードガン・コンテストでも、イチロー選手は140キロをも記録してファンを驚かせていました。
この能力を投手として起用することを閃いたのでしょう仰木監督は。


ところがこの夢の対決は、セ・リーグ監督の野村克也氏の「代打。高津臣吾」と告げることになり、この瞬間に一気にトーンダウンしてしまいます。
夢の競演が幻になった場内アナウンスでした。

野村監督、ピッチャーイチローの裏話

ピッチャー、イチロー

引用:https://www.jiji.com/jc/d4?p=nom019-jpp10055685&d=…

 
ここで夢の競演を消してしまった野村監督が後日、裏話を次のように明かしています。

野村克也監督は松井選手に聞きました。
「ピッチャー イチローと対戦したいか?」

イチロー、ピッチャー

引用:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=colu…

 
松井選手は
「したくありません」

本職ではないピッチャーからヒットを奪ったとしても、自慢できないという考えもあっての拒絶だったという。

そして、野村監督はさらに考えました。
松井選手は「プロ野球の至宝」であり、「日本を代表する4番バッター」です。
それなのに、本職のピッチャーでないイチローに万が一にも死球を受けて故障をすつと、夢の球宴が一転「悪夢の球宴」になってしまうのではないかと。

結果はどうであれ、松井選手がイチロー選手の引き立て役に回ってしまうだけに過ぎないと考えたのでした。

イチロー、ピッチャー

引用:https://middle-edge.jp/articles/jwPHQ

 
最終的には、「バッターが本職のイチローがピッチャーを務めるなら、セ・リーグはピッチャーを代打に送るべき」と考え、野村監督が率いていたヤクルトスワローズの高津投手を松井選手の代打に送ることにしました。
監督とは全体を俯瞰できる人とは言われますけど、瞬時にこのような采配ができるんですね。

野村監督の思いと意地が垣間見えるオールスターでの采配でした。

このイチローVS高津「投打逆転対決」は、ショートゴロに打ち取ったイチローに凱歌が上がる結果でした。

では、当のイチロー選手はこの投手起用をどのように思ったのでしょうか?
「仰木監督の決断ですので、僕はそれに従っただけです。マウンド上ではストライクを取ることだけに集中していました。ファンが僕のピッチングを本当に楽しんでくれたようでうれしく思っています」

このように監督の命令に従っただけとは言いながら、結構、楽しんだ様子が伺えました。


スポンサードリンク




マーリンズ時代もピッチャーを

2015年1月27日、マイアミ・マーリンズは、年俸200万ドルプラス出来高の1年契約をイチロー選手と結びました。

イチロー、ピッチャー、マーリンズ

引用:https://smaclub.jp/archives/17450

 
背番号はオリックス、マリナーズでも着用していた51。
この契約発表の時点でメジャーリーグ球団の40人枠に登録されている最年長の外野手となりました。

4月7日の開幕戦には代打で登場。
ファンからはスタンディングオベーションを。
イチロー選手は「僕だってこころは動く」とこのときのうれしさをコメントしていました。

そしてイチローのピッチャーをこのマーリンズで見るとは思ってもいませんでした。
シーズン最終戦のフィラデルフィア・フィリーズ戦の8回表に投手として初めて登板し、1回を投げて被安打2、1失点、最速143キロ。

このときの様子をイチロー選手は
「もう二度どピッチャーの悪口を言わない」
などとコメントを残しています。

ピッチャー イチローの裏話? まとめ

非凡な才能の持ち主イチロー選手ですけど、大リーグでも人気が凄いのは、イチロー選手の野球に対する取り組み方がファンのみなさんに伝わっているからでしょうね。
イチロー選手はスポーツに対する考え方をすべて変えてしまいましたね。
才能を持った人たちの集団から才能を育てる集団へと変えたように思います。





スポンサードリンク