2月19日に投稿されたNewsWeekの記事のタイトルが不安を掻き立てました。


『数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない』


普段から庶民は、将来のことを考えると不安で「ギューっと」胸を締め付けられます。
これからどうなるのか?
このままの生活やっていけるだろうか?
と立ち止まると不安で押しつぶされてしまいそうになります。


不安を消そうと身震いをするかのように、考えまいという反応が働いてしまいます。
でも、そろそろ副業で稼ぐことを考えてみてはどうでしょう。


いつまでも将来の不安を解消しないわけにはいきませんよね。
将来の生活スタイルを作成して、自分の設計図を作ることも大事です。


そこで、誰もがぶつかる正しい副業で稼ぐことが分からないということです。


実際は、多くの人が見過ごしてしまっているだけです。
あなたのアンテナに届かなかった、あなたが気が付かなかっただけです。


自分の能力を生かせないまま、多くの経験が豊富にもかかわらず、埋もれてしまっているのは残念なことです。
ちょっとだけ仲間にフォローしてもらえばあなたのスキルは磨かれます。
副業で稼ぐ、すばらしいフォーラムも用意してあります。


いつまでも嫌な仕事をして、嫌な人とつき合い、家族とは向き合えず、両親とも和解できず、友だちもいないという寂しい人生が次に来るかと思えば。


もちろん、私は寂しい人生が嫌で今回おすすめする副業で稼ぐことを実践しています。
ある程度の成果報酬も毎月現金化されるようになりました。
(月額:36万円+α)
経過時間とともにもっともっと増えていきそうです。


《老後の年金は自分で稼ぐ!そして若い人には負担を掛けない!》
そんな話せる老人になりませんか?
1年以内に月額40~55万円には到達すると思っています。
詳しい情報はあとで・・・。


メリット・デメリットなどは後半に記載します。
もちろん、失敗談は山ほどありますよ(笑い)。
副業で稼ぐ失敗も一緒に記事にしてますから、参考にしてください。


スポンサードリンク

お金が人に与える感情的なインパクト

現代社会の生活では、そのクオリティーは、ある程度、その人の収入の多い少ないによって決まると言われてます。
たとえば、収入が月に25万円の人と、100万円の人とでは、楽しめる世界がまったく違ってきます。


それは、いまの社会が、お金を出せば出すほど好条件なもの、クオリティーの高いものが手に入るようにできているからです。


グアム旅行に行って、ホテルで自分の部屋を出たらすぐにメイドさんが部屋をきれいに掃除してくれます。
飛行機に搭乗口もお金のある人は最初に搭乗できます。


だから、子どもに「いま欲しいものは何ですか?」と聞いたら、
大半が「お金!」と答えます。
お金があれば、いろんなことができることを、子どもでさえよく知っているということです。

ワクワクする副業で稼ぐを選択!

子どもたちが「お金!」という表現をしてますが、子どもの表現ですのでそればかりではありません。
私が副業で稼ぐを選択して、ワクワクしながらの作業ですので自然と数字的なものはついてきてます。

  • どういう仕事をすればワクワクしますか?
  • どこに住めば、ワクワクしますか?
  • どういう仲間と一緒にいたら、ワクワクしますか?
  • どこに旅行すればワクワクしますか?

こんなワクワク感を大事にして副業で稼ぐことに取り組んでいるのが事実です。

切り札のスキルを持ってますか?

もし会社が倒産したら?
何によって、稼ぐことができますか?


たとえば、運転免許?
アロマセラピーやマッサージ?
医療事務やホームヘルパー?


これらの資格で安心できますか?
資格を持つということはとてもいいことだと思います。
ですが、これらは、バックに会社・組織がなければできない仕事です
組織ですから、定年というものがあります。
そして、定年という年齢を過ぎていれば、これらのスキルは生かされませんよね。


いざ(鎌倉)、というときのための保険は「絶対」という言葉を使いますが、「必要」です。
そこを考えている人は意外と少ないです。
定年後、年金生活では生きてはいけません。


何かの資格を取っておくということではなく、
「何があっても、これをやったら食べていける」
というスキル・副業をもつことです。


それさあれば、例え会社が倒産しても怖くありません。
「今の仕事を失ったらどうしよう」
と不安におののくこともなくなるでしょう。
月額36万円が年内に55万円まで伸びる副業のスキルって気になりませんか?

雇用問題は厳し過ぎます!生活保護制度は破綻?

NewsWeekに掲載された記事は将来の不安を増すばかりです。
現実社会はこのように動いているということです。


この記事の裏付けとなる経験を、次の記事に書いていますのでよんでください。

<アルバイト3つ掛け持ちで妻子を養う、リストラで仕事と住居を同時に失う……。
就職氷河期に正社員になれず非正規雇用で働き続けてきた人たちが、年金を受給する年齢になればどうなるか。
これは、国家を揺るがしかねない問題だ>



『ルポ 中年フリーター:「働けない働き盛り」の貧困』(小林美希著、NHK出版新書)の著者によれば、35~54歳のうち、非正規雇用労働者として働く「中年フリーター」は約273万人。
だとすれば、同世代の10人に1人を占めていることになる。


中年フリーターが正社員になれない背景には、不況期に正社員の採用が絞り込まれているという事実がある。


いったん非正規雇用になってしまうと「スキルが身につかない」、あるいは「スキルがついても認めてもらえない」という状態が続くため、景気が回復して求人が増えても、思うような職には就けない。


スポンサードリンク

ブラック会社にミス就職!

私がブラック企業に就職して失敗した話です。
現実でのブラック体験は記事には書けないほど厳しいものでした。

  • 夫婦住み込みで月収50万円
  • 寮の管理人

 
というDodaのキャッチコピーを見て、メールで応募。
面接試験に履歴書持参で、東十条駅へ夫婦二人で。


それから、寮での見習いが3ヶ月間。前任者の教育が始まりました。
いま思えばですが、教育というものではなく、「いじめ」がはじまりました。


就寝時間は毎日3時間程度、休みなし。
朝、3時30起床。


気づくのが少し遅かったのですが、この会社は完全にブラックでした。


昔は飯場と呼ばれていた土方(現在は差別用語で使用禁止)、現在は土工(どこう)という呼び名に変わっています。
この土工さんが8階建てのビルに、1人畳1.5の広さの部屋に全体で90名ほど在籍していました。


人生で失敗して、もう後戻りができない人、行き場のない90人近い土工さんたちです。
殆どが賭け事で、失敗しちゃったひとばかりです。


日当が9000円で、その中から5000円はその日に受け取れる仕組みです。
毎日、5000円でパチンコ遊び、土日は競輪・競馬・オートレース・競艇・・・。
仕事が終われば、酒浸り。
(会社は散財させることで、土工さんを縛り付けるのです。もちろん部屋代1日2500円は会社に入ります。)


会社の表向きの顔は、慈善事業みたいに見えますが、知れば知るほど、弱い人間が食いものにされていることがわかります。ここではブラック企業の問題を取り上げているのではありませんので、カットします。


寮の管理人の経験で学んだことは、一人で生きるスキルを持っていないと、ブラックな会社に完全に利用されて食いものにされるということです。
ブラック企業で働く人たちは、自分の身に火の粉がかからないように必死に誰かを犠牲にして生き残っているといった現実。


ブラック企業の中にいる人たちは、過労死のリスクもあるのに、1日何時間も満員電車で通勤して、どうして、嫌いな仕事をやっているのでしょう?
この話は、建設業界だけでなく、すべての業態でいえることだと思います。


本当のスキルを身に付けることで、自分らしく生きていけるということです。
月額36万円が年内に55万円まで伸びる副業のスキルって気になりませんか?
毎年190万円の年金だけでこれからの生活、楽しいですか?

月額36万円が年内に55万円まで伸びる副業のメリット・デメリット

この副業をはじめたことで生じる、メリットやデメリットについてまとめてみます。
いまは、フォーラムでお世話になりながら、才能のある方々に助けていただいて、すごいことができていると実感しています。

副業メリット
  • 経費が少なくて済む
    この副業にかかる経費は、PCの電気代、ドメイン代、サーバー代で年間3000円程度です。
    教材代金が18,800円
  • 場所がいらない
    場所はPCが机上に乗ればそれでOKです。
  • 人とのトラブルがない
    人に商品を販売するものではありませんので、クレームなど人とのトラブルはありません。
  • 健康的にジムに通える
    PCでの作業が多いのでどうしても運動不足になります。ジムトレで体を鍛えてましょう。
  • 話題性が豊かになる
    記事を作成するために情報収集しますので、情報が豊かになります。
  • 毎年、海外生活を1ヶ月ほど計画できる
    売上がといいますか成績が伸びてくれば海外で、仕事ができます。
  • 自分の努力が結果につながる
    だれの妨害もなく、自分の努力で成果が現れます。
  • 自動的にGoogleやASPから入金される
    入金が明確に表示されます。

副業デメリット
  • PCでの作業時間が長くなる
    1日2時間~3時間はPCを利用しますので、慣れるまでは疲れます。
  • 運動不足になる?
    作業が指先だけの運動ですから、どうしても運動不足になります。

月額36万円が年内に55万円まで伸びる副業はこんな人におすすめ

この副業は、ITの知識が高くないと稼げないというものではありません。
プロの人たちも、最初はすべてゼロからがスタートだったのですから。
この副業をおすすめするのはこんな人たちです。

この副業をおすすめしたい人
  • 自分のこれからの人生設計を組み立てようとする人。
  • 自分のふるさとにUターンしようと考えている人。
  • 家庭の大黒柱でしっかり稼ごうという人。
  • PCが初級レベルがメール操作ができる人。
  • 社会人として人と会話ができる人。
  • 周囲の人の空気が読める人。

 
少しだけ、あなたの気持ちを逆なでした部分があったと思います。
それは、「真剣にこの副業をやっていただきたい。」という筆者の思いがこのような表現をしてしまいました(お詫び)。


成功する人と、成功しない人とは、ほんのちょっとのベクトルの違いだけです。
世間でよく言われますが、「死ぬ気でやらないと!」ここまでは必要ありませんから、安心してください(笑い)。

月額36万円が年内に55万円まで伸びる副業に参加でこんなことができます

こんなに生活が変わります
  • 子どもとの会話の時間が長くなります。
  • 子どもと一緒に食事ができます。
  • 都会の喧騒から離れて、地方でのんびり優雅に生活できます。
  • Uターンができて、両親と一緒に生活できます。
  • 地方でこの副業の塾が開けます。
  • PC1台で海外生活ができます(売上に見合った)。
  • 生活費が楽になります。

私の場合は、月々35万円がプラスになって、 海外に滞在する時間をこれからもっと増やそうと考えています。
国内にいると、自分の国を外から見ることができませんので、考えが硬くなってしまうような気がします。
できることであれば、海外と日本との生活を交互にやってみたいです。
もちろん、生活費用はPCで情報公開で稼いでいくつもりです。



スポンサードリンク