二宮和也と伊藤綾子は2年前からの交際発覚と同時に都内のマンションで同棲を始めることで環境から変えていこうとしている。伊藤綾子は今年3月末に所属事務所を退社したのは二宮和也の意に従ってのことだという。二宮和也と伊藤綾子は環境を変えることで迷わないで新し生活を始めようとしている。


スポンサードリンク




伊藤綾子アナ 退所後は二宮和也のマンションで同棲中?

伊藤綾子アナが事務所を退所したのは、3月末で仕事の整理がついたためとされ、今後はメディアに関わる仕事をいったん休止することを発表しています。


これは表立った理由であって、一時は破局も報じられた二人の関係でした。一方では伊藤綾子アナが結婚準備に入るためなのでは?との情報も流れていました。


2016年7月ごろの伊藤綾子アナのブログは、二宮和也さんのファンからのバッシングで炎上したこともありました。そのことが原因とでもいいましょうか、伊藤綾子アナのブログは閉鎖される始末となりました。

モルディブ旅行の二宮和也さんと伊藤綾子アナ

元フリーアナウンサーの伊藤綾子さんと二宮和也さんがモルディブ旅行に行っていたことが2018年8月7日の週刊文春の報道で明らかになり、二人の思いが何とか環境を変えて新しい二人の生活を望んでいるようです。

伊藤綾子

二宮和也さんと伊藤綾子さんのお揃い?

キャリーケースがお揃い、そしてスマホケースまでが・・・。
二人と同じ飛行機に乗り合わせた人の話によると、機内で二宮和也さんと伊藤綾子さんはビジネスクラスで隣同士の席だったといいます。


いい雰囲気ですね。
こんな旅行ってみんなも憧れますよね。
ビジネスで二人だけってもうこれだけで・・・。


二宮和也さんのキャリアケースは黒で、伊藤綾子アナが持っていたキャリーケースはアイボリー。
色違いのエザインはお揃いということです!
グローブトロッターという、高級ブランドのキャリーケースです。


スポンサードリンク




環境が二人を変える?

マンションで同棲生活を始めたり、モルジブ旅行をしたり、スマホケースやキャリアケースを同じものにしたりして環境を変えたりして、二宮和也さんと伊藤綾子アナは新しい生活に刺激を求めているようです。


環境が人に影響を与えるというのは当たり前の話です。
新しい環境に適応することでサバイバルしていきます。
人間は環境を自分に合わせて変化もしますが、基本的には環境に適応するほうが得意です。


環境に適応する能力が高いので、今度は環境下から無意識に影響を与えられてしまうことも多くなります。


二宮和也さんと伊藤綾子アナは環境を変えて、二人のこれからの進展に努力しているといっていいでしょうね。

二宮和也さんの家族環境は?

今日は二宮和也さんの家族環境だけを記事にしていきます。

二宮和也さんの母親?

二宮和也さんの母親のお名前は「和子」さん。
母親のお母さんは東京の出身で、実家は車のワイパーの製造工場を経営していたといいますから、下町の町工場といったところでしょうね。


町工場は毎日忙しく、子供と一緒に戯れる時間もとることは難しく、二宮和也さんは母親に甘えることがなかなかできない幼少期だったといいます。
加えて、二宮和也さんは病弱な体質だったといいます。
そんな二宮和也さんをお母さんは、勇気づけるように抱きしめ、頬ずりすることを最大の愛情表現を忘れませんでした。
そんな優しい二宮和也さんの母親は今年(2018年)で62歳になるようです。

二宮和也さんにはお姉さんが・・・

二宮和也さんには2歳上のお姉さんがいます。
お名前は「まさこ」さんといいます。


二宮和也さんのお姉さんはよくあるちょっとだけ天然みたい・・・。
車を運転すると眠くなるらしいのですが、助手席にいるときはなんともないらしいのです。なんとなく不思議な性格・・・??

二宮和也さんの父親は?

二宮和也さんのお父さんは、調理師免許を持ち、服部栄養専門学校の講師をしています。


服部栄養専門学校のシェフだといいますから、人にものを教えるという素晴らしい職業に就かれていますね。
伝えるということは本当に難しいことです。
ちょっとしてニュアンスの違いで、逆の意味に受け取られることも多々あるでしょうからね。


ちなみに母親も、かつて服部栄養専門学校の講師をしていたといいます。
ですから、二宮和也さんの家庭は料理研究家の家庭ということになります。


このようなお仕事でしたので二宮和也さんは子どもの頃は家にはあまりいなくて、お父さんは息子の二宮和也さんの顔を見ることはあまりなかったようです。
一時代前は、このような時代感覚で父親は家庭にはいなかったということをよく耳にします。

二宮和也 伊藤綾子の婚前旅行(写真)・・・まとめ

二宮和也さんと伊藤綾子アナは今、なんとか二人で新しい生活を築こうと必死のようですね。
いろんなことで環境を変えてみて、自分たちだけの生活を夢見ているようですね。早く形となって素晴らしい生活で、再びお茶の間に明るい話題を提供してください。



スポンサードリンク