しばらく形を潜めていた松居一代が再びお昼のワイドショーに騒がれてきました。今度は、松居一代らしい金銭(仮想通過)でのトラブルらしい。「私はどんな時も、いつも胸を張って、人様に後ろ指を指されるような生き方はしておりませんので。だから大丈夫です」とめざましテレビの取材に笑顔で語った女優の松居一代さん。この裏にあるのが仮想通貨で4億円の金銭トラブル』という問題発覚です。


スポンサードリンク




仮想通貨『MINDOL』と4億円ものトラブル



松居一代さんは離婚騒動から、俳優の船越英一郎さんに対する名誉棄損などで、世間を騒がせたことから、平成最後のお騒がせ女優と言われていました。


そして再び、今回このような金銭トラブルが発生した背景には、多くの謎が蠢いているような人たちのトラブルです。
松居一代さんとトラブルとなっているのは、仮想通貨『MINDOL(ミンドル)』を運営するMINDOL HOLDINGS LIMITEDという会社です。


日本のアニメやハリウッド映画に出資し、将来はゲームの中でも利用できる通貨にしたいとしている将来的には素晴らしい会社です???
実はこの仮想通過の会社は、今年2月に設立したばかりという会社(ミンドル)です。


そこでミンドルという会社が考えたのが、急ぎ知名度を上げるために人気ブロガーでもある松居一代さんに白羽の矢を立てたと言います。


今年4月に早速双方が席を設けて打ち合わせをすることに・・・


この話し合いの印象としてMINDOL社の幹部は
「『私がやったら間違いなく大成功するわよ』と言っていただけましたし、お会いした時もまともな印象を受けました」
と当時の印象をコメントしていました。


もちろん、松居一代さんは投資にも前向きで、今年5月のパーティーでも広告塔として活動することを快諾していたといいます。
ところが、松居一代さんはその後のパーティーで芸能人や資産家など250人が集まる中、松居一代さんはドタキャン。


そして、6月6日のブログに
「実はあたし…仮想通貨に参入したんです
ミンドルさんに賭けてみますね」
とミンドル社との関係を告知しました。
このとき、購入した金額が自腹での3000万円分の購入だったといいます。


現在の日本では、仮想通貨に対して逆風が吹いているため、MINDOL社は、9月に香港の仮想通貨取引所への上場を選択することにしました。
上場したことで仮想通過の反応といいますか、仮想通貨MINDOLの価値は一気に5~6倍に上昇し、松居さんの持つ3000万円分のMINDOLの価値も爆発的に急上昇しました。


10月1日の松居一代さんのブログでは、
「これは、奇跡です
本当に仮想通貨が化けちゃっているんですょー」
と、お金の喜びを隠せない様子だったといいます。


そして倍増した仮想通過に気を良くした松居一代さんは、MINDOL社が上場を記念して、ニューヨークでのパーティーを企画したところ、複数のユーチューバーを連れての参加を約束していたという。


このときミンドル社が宣伝費として支払ったのが今回問題となっている『4億円分の仮想通貨』らしい。
ミンドル社の関係者は「『ドレスがない』『迎えに来るリムジンの色が違う』などと突然それを理由にして断ったという事実がある」と憤懣やるかたないといったところです。
そしてさらに、「非常に腹立だしいですね。MINDOLの仮想通貨を返して欲しい」と宣伝費として支払われたMINDOLの返還を求めているのです。


スポンサードリンク




松居一代に内容証明は届いていない?

このことでミンドル社は、松居一代さんが宣伝活動を怠ったとして、支払った4億円分の仮想通貨の返還を求める内容証明を10月に送ることに。


そして、このことを松居一代さんに尋ねると、
「ははは!内容証明郵便なんて来てません!(Q.来ていないんですか?)ハイ、来ておりません。だから私はどんな時も、いつも胸を張って、人様に後ろ指を指されるような生き方はしておりません」
と笑顔で答え、颯爽とタクシーに乗り込んだ。


このときの直撃したリポーターの質問の回答は、
「ミンドル社とトラブルになっていない」
「宣伝費は貰ってない」
「ニューヨークへ行ったのはプライベート」
ということらしい。


毎度おなじみの松居節を聞かされたリポーターはただただ、笑顔でタクシーに乗り込む松居一代さんを見送るだけだったらしい。
ちなみに、ブログは本日現在、仮想通貨の記事が消されています。

松居一代 今度は仮想通貨トラブル?まとめ

離婚問題で一応終結したかとおもいきや、今度は仮想通貨で4億円のトラブルになっているとニュースがワイドショーが騒いでいる。


先月には、仮想通貨ミンドルで大儲けしたことがブログで話題となっていましたが、今度は仮想通貨を運営するミンドルとの4億円にもなるトラブルが起きているのです。


ミンドル側は、返金に応じないなら提訴も辞さないと強気の姿勢ですが、現在のところ松居一代さんは、取材に対して松井節を繰り出してトラブルの事実を認めていません。


ところが、このトラブル騒動について両者の思惑がどこにあるのか?仮想通過で4億円といってもあくまで仮想ですから根拠はありません。松居一代さんが主張する受け取りについては・・・


実際には、このような話題になってミンドルという知名度も実績もない会社が急浮上してきたことは事実です。
お互いの狙いはここにあったのではと・・・思ってしまいますよね。


スポンサードリンク