毎年恒例の紅白選考。和田アキ子の紅白2018年も選考枠から漏れてしまいました。和田アキ子が紅白に出場するのも7不思議、出場しないのも7不思議とどちらを向いても話題にことかかないのが2018の紅白です。和田アキ子の人気度をチェックしながら楽しい記事にしてみました。

和田アキ子


スポンサードリンク




2018の紅白の目玉?

2018年の大晦日、NHK紅白には、「King&Prince」「純烈」
などが初出場を果たして話題になっています。


そんな中、今年(2018)もお声が掛からなかった大御所の和田アキ子。
一時は、各メディアで年末に向けて復活説が信ぴょう性をもって
囁かれていたのに和田アキ子の復活とは至りませんでした。


今年デビュー50周年を迎えるという和田アキ子さん。
自身の芸能生活の節目としても、和田アキ子の復活の
可能性は十分だったのに。

和田アキ子とNHK

和田アキ子自身もなんとかNHKさんにもう一度という気持ちがあって、
『BOYS AND MEN』研究生とコラボし、今夏には『ボイメン』研究生とともに
NHKの『うたコン』に出演するなど話題を提供していました。


それでも落選となった理由とは・・・。


世代交代、時代の流れ、環境の変化・・・。
新しい世代へのバトンを上手に渡せるように後継者を作ることでしょうね。
年齢的にまだそれなりに働けるうちに早くバトンを渡すことが先決です。

和田アキ子が紅白の『目玉』となるとき

和田アキ子バトンリレーゾーンを過ぎると失格ですから。
いあのままでは、和田アキ子の通算40回目の
「紅白」出場への道は消えゆくばかりでしょうね。
和田アキ子さんが後継者を決めた時が
40回目の『紅白の目玉』として出場が叶う時と思います。

和田アキ子さんは「なぜ」出場できるの?

和田アキ子さんが2018年の紅白もNGと評価されて・・・。
2015年までは、ヒット曲の実績が無いのにもかかわらず、
毎年年末のNHK紅白歌合戦に出演していた和田アキ子さん。


和田アキ子さんの心に残るヒット曲といえば
『あの鐘を鳴らすのはあなた』


この和田アキ子さんの曲を聴いた徳永英明さんが、余りの感動で
歌手を目指したという話さえあるという。
やっぱりこの和田アキ子の存在は計り知れないものがありますね。


スポンサードリンク




和田アキ子だけの力で受賞ではなかった

この曲で、和田アキ子さんはレコード大賞最優秀歌唱賞を受賞しています。
もっともこの当時のホリプロは、森昌子、山口百恵といった当時のトレンド的な
アイドルスターを抱えていたので、和田アキ子の受賞については、
業界内の関係者の間ではいろんな憶測も囁かれていました。

和田アキ子が出ない紅白は寂しい!

和田アキ子さんとしては、地位も名誉も築き上げてきているし、
紅白出演で涙する演歌歌手のように、出演でギャラが
どうこういうこともないでしょう。


いままでは誘われるがまま出るといった凄く当然の成り行きと
考えていたところもあったでしょうね。


そしてこの紅白出場うんぬんは、歌のうまい下手ではないでしょうし。
でも、今の大勢の歌手の中で和田アキ子ほどのボリューム感が
出せる人はいらっしゃいませんよね。


ただ、NHKの紅白の選考に何らかのここだけは譲れない、
不動の地位みたいなものを設けてほしいですよね。
NHKの選考委員のなかでだれも触ることが出来ない『不動の出場者』。
といったところです。


そうです、
誰もが「認める」「頷ける」「名得する」
といった3拍子揃ったひとです。

和田アキ子 紅白2018出場するも7不思議?まとめ

来年、2019年には新天皇が即位されます。平成の時代が30年続きました。
新しい元号もニュースになることでしょう。
和田アキ子さんの記事を書いていて紅白出場40回目を目指して・・・
などと書かれていて、私が振り返ることができるのは
生まれて直ぐ拝見したとして30回ちょっとです。
時代はホントに変わるのが早い、同じ世界ばかりで仕事をしているとか、
同じ環境に浸っていると自分を見失ってしまうといいます。


自分を知りたければ、自分の安全な環境を壊さなければ
自分を知ることができないと言われます。


和田アキ子さんの紅白40回目の出場が叶うとすれべ、
素敵な後継者を早く育ててほしいです。


最後にこの記事を書いていて、個人的には和田アキ子さんが
大好きな方なので偏らない記事にしようと思ってましたら、
記事があっちにこっちにと飛んでしまって纏まりが
なくなってしまったことをお詫びします。

司法取引とは?わかりやすく子どもたちに説明できますか?

紀平梨花の両親の職業が気になる?幼稚園→中学→高校までも?


にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村


スポンサードリンク