今や大リーグで殿堂入りが確実視されているイチロー選手の高校時代はどんな選手だったのか?中学を卒業したてのころの発言や父親の宣之さんからの要望?野球の練習方法?高校時代からレーザービーム以上の技術を持っていた?学業成績は?イチロー選手の高校時代の通算打率は?など調べてみました。

イチロー、高校時代

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/column/mirai…


スポンサードリンク




イチロー選手の高校時代はどんな選手だったのか?

中学を卒業したばかりのホヤホヤの新入部員に
「センター前ヒットならいつでも打てますよ」
って言われて、当時の私立愛工大名電高校の野球部監督、中村豪快氏は言葉を失ったといいます。


まだ海のものとも山のものともわからないひょろんとやせ細った少年の言葉に。


ただ、中村豪快監督は、入学前にイチロー選手と父親の宣之さんから
『甲子園が目標ではありません。プロになれる選手に育ててください』
といわれたことを覚えていました。


そして、いざ紅白戦や実戦になると宣言どおりバンバンヒットを重ねて、イチロー選手は単なる口先だけの大ぼら吹きでない実力を兼ね備えた選手だということがわかってきます。


「特に、素晴らしいと思ったのは、ボールをバットの芯で捉える打撃センスは抜群で、今まで見てきたどの選手よりも抜きんでていました」と当時を振り返っています。


このとき既に中村豪快監督は、イチロー選手は必ず戦力になる選手と確信してました。

イチロー選手の野球の練習方法?

愛工大名電高校の野球部に入部したイチロー選手の練習方法が他の部員が思いつかない方法でトレーニングを工夫していました。

イチロー、高校時代

引用:https://www.nikkansports.com/baseball/column/mirai…

 
それは1年生当時、夜になると毎日必ずと言っていいほど1時間ほど寮からいなくなっていました。


それを見とがめた先輩にイチロー選手は応えます。
「学校の砂場で素振りをしています」と。


先輩は呆れてしまいます。
当時の砂場は、照明などなく真っ暗闇になる場所です。
つづけて、イチロー選手は、
「砂場だとバットを上半身でしっかり振り切らないと足下を取られます。だからスイングの強化になります。バットをしっかり振り切るときに足を踏ん張れるので下半身の強化にもなります。」


1年生部員は上級生に代って野球部の雑用が任されるので、自主練習の時間が限られます。イチロー選手は他の部員が思いつかない方法でトレーニングする工夫をしていたんです。


スポンサードリンク




高校時代から非凡な技術を持っていた?

イチロー選手は1年生からレギュラーを獲得していました。
2年生のときは、夏の甲子園左翼選手として出場、3年時に春の甲子園に投手として出場。
いずれも残念ながら初戦敗退に終わってます。


ところで、イチロー選手の特筆すべき、2年生の夏の甲子園出場がかかった愛知県退会決勝で、中村監督の度肝を抜くプレーを披露しました。


2対2の同点で迎えた3回表、2死2塁の場面での出来事です。
三遊間を抜けたヒットを捕球したとき、ただちに矢のようなバックホームをして2塁ランナーをホームで刺したのです。


中村監督が度肝を抜かれたのは、メジャーリーグでの代名詞になった”レーザービーム”を披露したためではありません。


ボールをグラブに収めた時ときに一瞬、間をおいて、2塁ランナーが本塁に突入するよう”誘いをかけた”からです。
それから、ランナーが本塁に突入しようとしたのを確かめてからレーザービームの送球へと。


イチロー選手は、試合の流れを見る目があるといわれますが、その片鱗は高校時代のプレーからもみてとれたということです。
ピッチャー イチローの裏話?そしてマーリンズでも登板!

イチロー選手の高校時代の学業成績は?

従来のスポーツ選手は、スポーツの特待生という肩書で学業成績は失礼ながらあまり重視されていませんでした。


ところがイチロー選手は学業成績も常にトップクラスでした。
気になるその成績ですが、数学と音楽が「4」あとはすべて「オール5」という圧倒的な好成績でした。
当時の愛工大名電高校の校長からも「東大合格も夢ではない」と言わしめたほどの優秀な学力の持ち主だったといいます。


このことについてイチロー選手は、
「そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ。だれだってそうじゃないですか。つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。でも、僕は子どもの頃から、目標を持って努力するのが好きなんです。だってその努力が結果としてでるのはうれしいじゃないですか」


このように嫌いといいながらも自分の目標に向かって、粛々とやるべきことをこなし、静かに闘志を燃やしながら向かっていくその姿には、やはり、今に通じるものがあります。


飄々としてイチロー選手は自分の本音をストレートに相手に伝えます。
この話術も決して真似できる技術ではありません。
いつも、自分を冷静にみていて、どこを修正すればいいのかも知っているかのように・・・。

イチロー選手の高校時代の通算打率は?

イチロー選手の高校時代の通算打率は536打数269安打、打率は5割1厘と驚異的です。
高校野球の世界では平均打率が3割を超えていたら、”超高校級”と言われますから。


実は、イチロー選手は投手としても将来を嘱望されていましたが、自転車で通学している最中の交通事故で野手に専念せざるを得なくなったという事情がありました。


それにしても、イチロー選手は何もかもが規格外の大物だったということが高校時代からみてもわかります。

イチローのレーザービームと実況で叫んだアナウンサーは誰?

イチロー選手は高校時代は学業成績でも・・・まとめ

イチロー選手の高校時代を調べてみましたが、レベルが違っていますよね。
いまでもそうなのでしょうが、自分自身で問題をクリアするためにあらゆる工夫をしていますよね。


小さいときからの経験値をベースにしての工夫ですから、普通の選手とは違った答えが出てきて、より高度な発想の展開ができるているのでしょうね。





スポンサードリンク