みやぞんは、高校野球結果を知りたいという人多いですね。実際にみやぞんが高校野球結果とウイニングボールとは何か?子供の頃はどんな家庭だったのか?今も母親を尊敬してやまないみやぞんと母親の関係とは?相方のあらぽんも認めるみやぞんを細かく裏をとってみました。


スポンサードリンク




みやぞんのプロフィール

みやぞん 高校野球結果

引用:http://dogatch.jp/news/ntv/42938

 
本名   宮園 大耕(みやぞの だいこう)
生年月日 1985年4月25日
血液型  A型
出身地  東京都足立区
身長   172cm
体重   70kg
趣味   野球、格闘技、ギター
特技   即興歌、脇潰し
コンビ名 ANZEN漫才(相方:あらぽん)

みやぞんが高校野球結果で女性監督に贈ったもの

みやぞん『みやぞんの荒川商業野球部の勝利を伝える!』
2003年7月14日のスポーツ報知が「みやぞん」の高校野球結果を記事にしていた。


みやぞんは高校生活最後の3年生の夏、03年の高校野球選手権東東京大会。
チームは東京で初の女性監督とともに最後の夏に臨むことになりました。


初戦の2回戦は本郷相手に14-1でコールド勝ちし、初の女性指揮官となった監督委にウイニングボールをプレゼントすることができました。


3回戦も7回に逆転して千歳丘に勝利。
4回戦は世田谷の強豪・国士舘に0-20で5回コールド負けの大敗となりました。


最後の試合は頂けなかったでしょうが、高校生活の最後を野球というスポーツに打ち込んで、勝ち負けは別にして夢中になれたものがあった「みやぞん」は羨ましい。
おまけに東京都で初の女性監督にウイニングボールを渡せるなんて、その女性監督さんは今もしっかりウイングボールお部屋のごこかに「みやぞん」の思い出として飾っているかもしれませんね。

みやぞん 高校野球結果

みやぞんの脳波は変?

高校野球時代には130キロの剛速球を投げていて、その実力はスポーツ野球専門誌にも取り上げられることもしばしばでした。
とにかく運動能力には当時から秀でたものがありました。


もちろん大学からのオファーあったそうですが、「みやぞん」は体育会系の上下関係が嫌だったこともありオファーを断ります。


スポンサードリンク




みやぞんの脳は感覚で捉える?

みやぞんは音楽を習ったこともなければ、作曲を習ったこともありません。そしてスポーツにしても感覚で捉える脳の働きがどこかに動いています。


みやぞんがピアノを始めたのは20歳の時。
普通は3歳頃からはじめないと無理といわれる音楽の世界。


みやぞんさんの脳は自然体で自らの興味を持つことで発達するかのようです。
ANZEN漫才みやぞんの相方のあらぽんが言ってます。
「みやぞんさんは、昔から好きなことしかやらない」
「好きなことは人よりも絶対ズバ抜ける」
「頭で考えるのではなく、感覚で生きてるんです」
と、つねに自由な発想を脳に送り込んでいますからと・・・。

みやぞんは裏番長だった?

みやぞんは小学5年生の時、学校帰りに忍び込んだ運送会社の倉庫に置いてあったサンドバックで遊んでいた。
この運送会社の社長は元キックボクシングのチャンピオン。


この社長にみやぞんは強烈なパンチ力とセンスを見込まれキックボクシングの道手ほどきをうけることに。そしてそれは5年間という時間が過ぎていました。


当時ゲームセンターのパンチングマシーンで216キロを記録。
テレビ番組でもみましたが、あの具志堅さんが160キロ程だったと思います。


中学生の頃は一度もケンカなどしたことなかった「みやぞん」でしたが、この強烈なパンチ力のおかげで、地元周辺では“裏番長”と呼ばれていたというから驚きですね。

みやぞんと高校野球結果の裏に母親が・・・

<生活苦も支えてくれた母に感謝>
みやぞんの演技力はそのままをぶつけたイメージです。
みやぞんの子供のころは、母子家庭だったということもあり、経済的に苦しかったという。


野球部は何かと出費がかさむことが多いと言われる。野球用具や他校との練習試合の遠征費など・・・。
そんな野球に打ち込むみやぞんを全力でサポートしてくれたのが母・春奈さんだった。
母は「何か野球を続けさせたいと思い、指輪を質に入れ」そのお金でユニホームをそろえたという。
みやぞんは春奈さんに今でも感謝しており大好きだと言う。


みやぞんの母親・春奈さんは言う、
「母子家庭で生活するのもやっとでしたが、わが子がやりたいことを全力で応援するのは親の務め」
「体の弱かった大耕がどんどん成長していく姿を見て自分の子どもながら、すごい才能を持った子だなあと思いました」
と母親としての思いを。


マウンドで投げるみやぞんの貴重映像を初公開。
テレビで目にする姿とはうってかわって爽やかで、まさにチームの大黒柱そのものだった。

みやぞん 高校野球結果は初の女性監督に・・・まとめ

みやぞんの能力には誰もが認める何かを持っています。
最初から最高のパフォーマンスではありませんが、徐々に引き込まれていくという「みやぞん」の人柄がとても好きです。
これからももっともっと活躍して欲しい芸人さんですね。




スポンサードリンク