LINEで送る
Pocket


スポンサードリンク










夏の真っ盛り、8月の声を聞けば「夏バテ」ぎみの人が多くなりますね。
そんな暑さを吹き飛ばしてくれるのが「江戸川花火大会」。


江戸川沿いにお住いの方には、なくてはならない夏の風物詩といっていいでしょう。
特に江戸川区と千葉県の市川市民は欠かすことのできない行事となっているようです。


「たーまやー」「かーぎやー」でお馴染みの掛け声。
この掛け声の「かーぎやー」は、江戸川区東小松川で「株式会社 宗家花火鍵屋」という名前で15代目が継承しています。
もちろん、この「鍵屋」さんが江戸川花火大会はプロデュースしていますよ。


江戸川花火大会の特徴は、ミュージックスターマインと名付けられた音楽とのコラボが特徴です。
オープニングとエンディングにはスピーカーの位置で、花火鑑賞が何倍にも感動がふくれますよ。


この江戸川花火大会の最大の見どころと言われるオープニング!


なんとスタートの5秒間で、1000発も打ち上げられるとか。
全体の打ち上げ花火は14000発といわれています。


2018年の14000発の華麗な打ち上げ花火をみてみましょう。
見事な画像をアップしている人がいらっしゃいました!





どうでしたか?
見事なオープニングがおわかりいただけたでしょうか?
その場にいたらもっと感動しますよね。


それでは、この江戸川花火大会の2019年の「開催日程や穴場情報で倍楽しめる!」の詳細を一緒にみていきましょう。

2019の日程

毎年、江戸川区花火大会の開催は、8月の第一土曜日となっています。


したがって、2019年の日程は、


8月3日(土)となります♪


打ち上げの始まりは夜7時15分から、終わりは8時30分。
江戸川を挟んで、江戸川の上空に見事な花の共演が待ち遠しいですね。


もう、ワクワクでテンション上がった人もいるのでは?


そうそう、注意書きをわすれていました。
悪天候で打ち上げ不可な場合は翌日、8月4日(日)に延期されます。


4日も無理なときは中止となるようです。
花火大会当日の天気予報はこまめにチェックしておきましょう♪

江戸川区花火大会の打ち上げ場所&アクセス

江戸川花火大会会場への道は、何処もすべてが込み合います。
朝のラッシュアワー並みの込み具合となります。
全体の観客数が140万人とパンフレットにかかれていましたからね。


駅を降りて、会場まで人が大勢会場に向かっていますので、迷子になることはありません。


また、余談ですが、会場までの各道路では、出店といいますか、家庭で作った料理が販売されています。


あまり早く購入してしまうと、会場まで持って歩くのが大変になりますよ♪


全体の観客数が140万人とパンフレットにかかれていましたからね。


ちなみに、パンフレットでは江戸川の河川敷と書かれてあったので、詳しく地図にピンをつけて紹介します。




  • 開催場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
  • 江戸川区側
    都営新宿線 柴崎駅から徒歩15分
    JR総武線 小岩駅から徒歩25分
    京成線 京成江戸川駅から徒歩25分
  • 市川市側
    JR総武線 市川駅南口から徒歩15分
    京成線 国府台駅から徒歩20分
  • 行徳会場
    東京メトロ東西線 妙典駅から徒歩20分



毎年、140万人もの観客がこの花火大会1時間30分のために、江戸川河川敷にドッと集まりますから大混雑となります。


河川敷は本当に広いですから、チケットぴあーで購入できなかった人にも花火大会を楽しんでもらうため穴場情報を紹介します。


いろいろな穴場スポットの情報をみていきましょう♪


隅田川花火大会2019!日程と教えたくない穴場チェック!



スポンサードリンク






おすすめ穴場は?

江戸川花火大会


googleの地図にわかりやすく、ピンを立ててみました。
あなたの住んでいるところから、一番ベターな穴場を探してくださいね。

※ピンをクリックするとショートのコメントが開きます。右上のボタンを押すと、大きな地図が表示されてコメントが見やすくなりますよ♪




スマホをお使いの方は右上ボタンを押してください、見えないかもです。


花火大会の穴場ですからきれいに見える場所は直ぐに埋まってしまいます。
そうです。
穴場といっても、場所が良いほど人が多く、立ち止まることもできなくなります。


苦い経験ですけど、花火を歩きながらみ見たときは、落ち着きませんでしたよ。


私が「おすすめの穴場は?」は2つあります。
「国府台駅近くの河川敷」「京葉道路下の河川敷」がおすすめです。


なんと言ってもアクセスが大事です。
20分~30分歩くとなると、決行みなさん大変なようです。


それに比べれば、国府台駅近くの河川敷は駅から歩いて2分です。
花火も十分にみることができます。
さらに、帰りが2分。


いいでしょ。


距離がある分、花火は小さくなってしまいますが、ゆっくり座って花火が鑑賞できます。
そして、最後まで花火を見て駅まで帰れますよ。


余談ですが、だいたい他の穴場スポットは20~30分はかかります。


とちらかと言えば、私は混雑が苦手なタイプですので、自分の好みを強調してしまいました(お詫び)。

江戸川花火大会のミニ情報

江戸川花火大会の歴史について
江戸川花火大会は昭和51年から開催されている歴史ある大会です。


この江戸川花火大会の演出を一手に引き受けているのが、あの有名な「鍵屋」さんというから驚きます。


現在、東小松川で15代目宗家として、女社長の天野安喜子さんが、江戸川花火大会の音楽や構成の全てを請け負ってます。


しかもこの女性社長さんは、なんと柔道6段。
日本人女性初となる北京オリンピック柔道競技の審査員。
芸術の分野でも日本大学の芸術学の博士号もつという、超スーパー社長さんです。


もっと『鍵屋 天野安喜子』さんを知りたい方は、こちらをどうぞ!
http://www.souke-kagiya.co.jp/1_history/history.html

江戸川花火大会2019!開催日程や穴場情報で倍楽しめる! まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


おすすめしたい穴場は最後に記ましたが、もっといい場所があったらこの記事の管理者まで教えてください。


また、次の年の江戸川花火大会に役立つよう記事を書きますのでよろしくお願いします。



隅田川花火大会2019!日程と教えたくない穴場チェック!




スポンサードリンク





にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村