2018年の松坂大輔投手は明らかにソフトバンクとは変わりました。4月30日ナゴヤドームで行われたDeNA戦で、先発した松坂大輔投手がついに1勝を挙げ、5月20日の阪神戦では松坂大輔→岩瀬仁紀という豪華すぎるリレーで6対1で2勝目を挙げ、さらに大好きなバッティングでも。ヒーローのお立台は今季もう2回目となっている。


スポンサードリンク




松坂大輔、年俸、2019、2018

松坂大輔の今季の年俸はグッズ販売でペー


 

2018年のプロ野球が開幕する時点で、松坂大輔投手の推定年俸は1500万円という「全く期待されていない」金額で中日へ入団。


過去の実績、ファンの多さも超一流といった松坂大輔投手。
このかなり低い提示額は松坂大輔投手はまったく気にしていない様子でした。こころの中は「忍」の一文字だったでしょうけどね。


松坂大輔投手の頭の中は、「プロ野球選手として終わるのはいつでもできる」と考え、「復活できるという自信が確信としてあったのでしょうね。時間をかければ必ず勝利投手になれるという自信が・・・」。


恒例の沖縄(北谷)のドラゴンズのキャンプ地には松坂大輔投手を一目見たさに多くのファンがどっと押し寄せました。
このときスポーツ記者たちは、松坂大輔投手のことを「客寄せパンダ」と揶揄しする記事まで出ていました。


もっとも、中日の選手はスター性のある人が少なくて、経験の浅い若手ばかりが大勢います。そんな中、キャンプ地では一斉にグッズ販売が売り上げの主流となっています。


このグッズ販売で話題となったのが、松坂大輔投手のグッズ関係がダントツに売れてしまいます。他の選手の15倍以上の売り上げがあったといいます。
もちろん、2018年の年俸1500万円は軽く超えたといいますから、松坂大輔投手さまさま・・・といったところでしょう。


松坂大輔投手の中日入団で、沖縄の春のキャンプのはファンはもちろんのこと、記者たちもいつの間にか松坂大輔投手を追っかけていくようになりました。

松坂大輔の2018年の出来高払いは?


松坂大輔投手の2018年の年俸は1500万円。
しかしながら、気になるのが松坂大輔投手の出来高の部分です。


年俸がここまで補償されていないということは、相当な出来高払いが保険として当然あるのではないでしょうかね。


1勝するごとに2000万プラスとか。
バッターとして貢献したときは1000万円プラスとか。


桁違いの出来高契約はしたと思います。
それが無ければ年俸1500万円でサインはしないでしょうしね。
細かく言えば、1勝につきいくらで、イニング毎にいくらといった細かな契約になっていると思います。


2018年のシーズンで10勝すれば、1億円以上の勝ちは十分あります。
西武時代のピッチングコーチだった森監督に最後の最後でお願いして、松坂大輔投手は中日入りを果たしましたので、森監督にはわがままは言わず、出来高で結果をみてくださいという意思表示があるのでしょうね。 


森監督も松坂大輔投手の起用法に「中6日のローテに入れるように」というのが森監督の願い。そして松坂大輔投手への奮起材料となっているのでしょうから。


最初は中6日は無理な話のように思っていたファンも、最近は現実的に中6日でしっかりローテに入り、勝ち星を挙げれるように徐々に松坂大輔投手のフォロー体制ができつつありますよね。


松坂大輔投手はマウンドに上がれば、経験豊富なマウンド度胸からすべてを網羅できる千両役者ですからね。
2019年はこの役者にどれほどの年俸が動くのか楽しみですけどね。


スポンサードリンク




村田修一の移籍先が急遽『阪神』?松坂世代の活躍を期待!!

松坂大輔投手の2019年の年俸は予想ですけど?

現在、すでに2勝していますから、毎月2勝していけば、10勝はいけますよね。中日だけでなく、他の球団でも10勝を計算できる投手はそうはいませんからね。しかもこれだけファン層の厚い松坂大輔投手は商品価値はぐ~~んとあがりますよね。


あなたは松坂大輔投手の価値を年俸に変えてみるとどのくらいでサインしますか?
もし今年2018年に10勝近い勝ち星を挙げれば、最低でも2019年の年俸は1億5000万円以上でしょうね。
中日という打線が弱いチームでの10勝という数字は、かなりの価値があるということです。


こうなってくると、松坂大輔投手は昔乗っていた「フェラーリ・599」に再び触手するかもしれませんね(笑い)。

松坂大輔投手の年俸2019年は2018年の年俸・・・まとめ

どうしてソフトバンクの工藤監督は・・・と思っている人がいるかとおもいますので、裏の話をちょっとだけ。


松坂大輔投手はバリバリの最強軍団ソフトバンクでは、出る幕がなかったということです。あれだけ揃ったピッチングメンバーの中に入る余地はありませんでしたというのが本当のことのようです。


そこにきて、中日球団では、まだまだ松坂大輔投手の域に達する投手は若手には見当たりません。若手を育てるにしても、見本がなければ困りますからね。
若手にとって松坂大輔投手はレジェンドであり最高のお手本といっていいでしょう。





スポンサードリンク